作業療法士の苦労・悩み

職業:作業療法士

293views

imasia_14986497_M_R

 

作業療法士が苦労や悩みを抱える時

 作業療法は利用者様のリハビリを行うことが仕事ですので、リハビリが上手く進まないときは苦労し、悩むことになります。利用者様の中にも色々な考えを持っている方がいるので、その方に合わせてコミュニケーションをとり、リハビリをうまく進めていく必要があります。

 

  • 作業療法士と利用者様のニーズの捉え方の違い

 利用者様は病気や怪我によって障がいを持ってもリハビリを行って元の状態に戻りたいと思っていますし、そうなれると思っています。ただ、疾患にもよりますが完全に元の状態に戻れることの方が難しいのです。その捉え方の違いにうまく折り合いをつけていく必要があります。

 

 元の状態まで戻るのが難しいと分かっていても、そのことを実際に当事者が受け入れるのには時間もかかります。しかし初めからできないと言ってしまうと利用者様のやる気もなくなってしまい、本当に必要なリハビリも行えなくなってしまうので、一緒に寄り添って進めていく必要があります。こちらが必要と思って進めているリハビリが利用者様に理解してもらえず、乗り気でないまま進めていくのは悩んでしまうところです。

 

  • クレームへの対応

 利用者様やその家族様の中にはクレームを言ってこられる方もいます。こちらに非があれば当然真摯に受け止め改善していくべきなのですが、中にはこちらに非がなくても一方的にクレームを言ってこられる方もいます。その場合でもクレームの原因、背景などが他のところにあり、理解できる場合もありますが、そうでない場合は解決することが難しいです。その際はある程度は受け流していかなければ、こちらが精神的にも病んでしまう可能性があります。

 

  • 人間関係の悩み

 利用者様との関係がうまくいっていても、その周りの人との関係性がうまく作れないと苦労することもあります。リハビリは作業療法士だけでなく他の職種との連携をしっかりと取っていくことが重要ですので、関係が良くない他の療法士やドクターと一緒にリハビリを進めるとなると苦労することがあります。

 

  • 利用者様からリハビリの理解が得られない時やクレームを受けた時、他職種との関係がうまく築けない時などは苦労や悩みを抱えてしまう。

 

本記事は2016/04/21の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する