作業療法士の国家試験

職業:作業療法士

55views

imasia_2250325_M_R

 

作業療法士の国家試験

  • 試験の合格率

 作業療法士になるためには国家試験に合格して資格を取得する必要があります。試験は毎年1回2月末ごろに行われています。試験の合格率は年によって多少の変化があるのですが、80%前後と比較的高い合格率となっています。とはいっても決して簡単な試験というわけではなく、試験に向けて数ヵ月前から対策をしっかりと行っていかなければ合格は難しいです。

 

  • 勉強方法

 国家試験の範囲は医学的な基本の問題から作業療法の専門的な問題など非常に多くの分野、範囲から出題されます。全範囲を完璧に勉強していくのは困難ですが、国家試験に出題される問題にはある程度傾向があります。まずは国家試験の過去問題を最低でも数年分、できれば10年分ほど解いていくと出題される傾向が分かってきますので、それに沿って勉強していけば効率が良いです。また国家試験に向けての模擬試験も多くありますので、その試験に合格できるようになっていけば実際の本番でも合格できる確率は高くなってきます。

 

  • 一発勝負の怖さ

 作業療法士の学校を無事卒業できても国家試験に合格できなければ作業療法士として働くことができません。在学中、多くの学生は試験の合格発表前に就職先が決まっているのですが、それはあくまで試験に合格したら働けるという条件付きです。よってせっかく就職先の内定が決まっていたとしても試験が不合格となれば内定は取り消しとなってしまいます。

 

 昔は作業療法士の数が少なく1年後に合格するまで待ってくれるような病院や施設もあったのですが、現在は療法士の数も多いので次の合格まで待ってもらうようなことは難しいです。1日限りの試験ですので当日のために体調を整えていくなどしっかり準備しておくことが必要です。

 

  • 学校による合格率の違いは重要か?

 学校には○○年度の国家試験合格率が○○%と謳っているところもありますが、その学校によって試験対策のノウハウが多少あったとしても、結局は自分自身でたくさんの過去問を解くなどして多くの時間を割いて勉強していかなければ合格できません。よって、入学時に学校を選ぶポイントとして合格率はあまり気にしなくても良いです。

 

  • 試験に合格しなければ内定は取り消しとなる。過去問や模擬試験などでしっかり勉強し、1日限りの試験に備える。

 

本記事は2016/04/20の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する