高年収の作業療法士の求人

職業:作業療法士

307views

imasia_13522519_M

 

作業療法士の年収は以前より低めの傾向

 作業療法士の平均年収は400万円ほどで、一般的なサラリーマンより若干低めといった具合です。作業療法士の人数が少なく重宝されていた時代は年収も高かったのですが、現在は若い療法士の数が増えてきた分賃金も低くなり、平均年収も昔ほどは高くありません。

 

高年収を得るためには?

  • 高年収の職場

 作業療法士として高年収を得るためには、大きな病院で部長などの上の役職に就いたり、施設の管理者になるなどの方法があります。一般企業では上の立場になるにはある程度の長い経験を積んでいく必要がありますが、作業療法士は一般企業に比べれば管理者などへの出世は比較的しやすいです。

 

 理由としてはベテランの作業療法士の数が少なく若い作業療法士が多いため、経験年数が浅くても管理者に抜擢されたりするケースが多いためです。またどちらかというと作業療法士は女性が多く、結婚、出産などのライフイベントによって退職、休職する人も多いので、長く同じ職場にいると古株になって上の立場にもなりやすいです。

 

 また数名しか作業療法士がいない少人数の職場もありますので、そういったところでは仕事の量が多い代わりに給料面が良かったり、職場の管理者になりやすかったりします。

 

  • 地方と都心での給料の違い

 当然ですが地方と都心では都心の方が給料は高くなりやすく、地方と都心では平均年収は50万~100万円の開きがあります。都心以外でもリハビリに力を入れており良い条件の職場が多い地域などもあります。

 

  • 経験を積んで年収を上げていく

 作業療法士に限らずどの職業もそうですが、新卒でいきなり高収入の仕事に就くのは難しいです。経験を積んで昇給していき、年収を上げていくのが理想ではありますが、職場によってはなかなか昇給していかないところもあります。そのような場合はより給料や環境が良い職場へ転職する作業療法士もいます。経験を加味してもらえるため、転職して給料を上げることは比較的しやすいです。

 

  • 若手でも比較的出世はしやすい職業。管理者や上の役職についたり、人数が少なく業務量が多い職場であれば高年収が見込める。

 

本記事は2016/04/20の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する