介護老人保健施設の作業療法士の求人

職業:作業療法士

89views

imasia_14608124_M_R

 

介護老人保健施設の求人の傾向

 介護老人保健施設の作業療法士の求人は少ないですが、決まった施設が慢性的に人手不足で常に求人募集をかけたりしていることがあります。理由として、介護老人保健施設は入居者数が50人~100人と多いにも関わらずリハビリを行う作業療法士や理学療法士の人数が少なく、50人を1人の療法士で見ることがあるなど、大変な施設ではなかなか人が定着しないといったところもあります。仕事が大変な分、給料は比較的良い方です。

 

介護老人保健施設の作業療法士の特徴

  • ベテランの作業療法士が多い

 仕事の量が多い、人数が少ないので教えてもらえる先輩がいないといった理由から新卒や経験年数が浅い作業療法士は介護老人保健施設で働くのを敬遠しがちです。経験をある程度積んで1人でも多くの症例を持てるようになってから働く場合が多いです。将来は絶対に介護老人保健施設で働きたいと考えていても、まずは経験を積むために病院で数年働いてから転職する人もいます。

 

  • 仕事の内容

 介護老人保健施設は基本的には入所期間中に在宅復帰に向けてのリハビリを行い、心身機能の向上を図って自宅に戻るのを目標とします。リハビリの内容も自宅での生活が安定するようにトイレや入浴の動作練習を行ったり、一時的に低下している身体機能を改善する運動を行ったりします。他にも療養型介護老人保健施設があり、療養型では自宅復帰が困難な状態の方が入所されます。よって、施設内で穏やかに、生きがいをもって生活できるといったような目標でリハビリをすることになります。

 

  • 求められる適性

 上述の通り、介護老人保健施設で働く場合1人で多くの利用者様のリハビリを担当しなければなりませんが、時間には限りがあり、一人ひとり個別で行うリハビリは短くなってしまいます。よってレクレーションを交えて一度に複数の利用者様と関わったり、その計画の立案を行ったり、他の介護士などの職種を巻き込んでチームでリハビリを進めていく必要があります。

 

 多くの利用者様の状態を把握して効果のあるリハビリプログラムを考えるマネジメント能力や、介護士など他の職種と連携を円滑に行うコミュニケーション能力が必要になってきます。

 

  • 1人で多くの利用者を担当するためベテランの作業療法士が多い。複数名のリハビリ計画を企画立案し、他職種と共に実行する力が必要。

 

本記事は2016/04/20の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する