病院の作業療法士の求人

職業:作業療法士

84views

imasia_5819126_M

 

病院の求人は最も多い

 作業療法士の求人の中で病院の求人は一番多いです。地域のデイケアや老健などの施設でのリハビリもありますが、リハビリは病院だけでするといったイメージもまだあります。病院だけでなく退院した後の地域や自宅での生活にも目を向けていき、力を入れていかなければならないという流れもできつつありますが、まだまだ病院で働いている作業療法士が多いという現状があります。

 

病院のリハビリ科の大きさ

 病院の中でもリハビリに力を入れている所と、そうではないところがあります。ワンフロアがリハビリを行う大きなスペースとなっており、リハビリを行う作業療法士が50人~100人と大勢いる病院もあれば、小さな一室で作業療法士が2、3名で行っているところもあります。

 

 当然ですが大勢の作業療法士がいてリハビリに力を入れている病院は求人も毎年定期的に募集していることが多いです。たくさんの作業療法士がいるので教わることも多く、勉強会なども積極的に行っているところが多いです。ただ大勢の中の一員となるので、上の役職として赴任してきたのなら別ですが、自分の意見が通りにくかったり、ある程度は周りに合せていく必要は出てきます。

 

 他にも注意する点として、大きな病院では介護分野にも進出しており、デイサービスやデイケアを病院に併設している所があります。その場合、最初は病院に勤務しても、途中からデイサービスに異動するということがあります。

 

 反対に作業療法士が2、3名しかいないような職場は空きが出なければ求人がなかなかありません。人数が少ない分、行わなければならない仕事も多いですが、自分の色を出しやすいことが魅力です。少人数なので、人間関係がうまくいけば仕事もしやすくはあります。

 

  • 作業療法士が多い病院は勉強会などで知識を身に付けやすいが、周りのやり方に合わせる必要が出てくる。少人数の場合は業務量が多いが自分なりのカラーを出しやすい。

 

訪問リハビリテーションの仕事

 大きな病院では訪問リハビリテーションを行っている所が多いです。訪問リハビリテーションは名前通り利用者様の自宅に伺って、自宅でリハビリを行います。訪問リハを行うのは基本1人ですので、病院に入ったばかりで経験の浅い新人が担当することは少ないです。

 

 訪問リハの魅力は実際にその利用者様の生活に合わせてリハビリを行ったり、環境を整えたり、ご家族様とも連携が取りやすいといったことです。訪問リハの仕事をしたいと考えている場合はそれに力を入れている病院に勤めるのが良いです。

 

  • 訪問リハビリテーションに力を入れている病院もある。利用者の個々の状況に応じたリハビリがしやすいのが魅力。

 

働きやすい環境かどうか

 より良い病院を選ぶのに大切なのは、福利厚生がしっかり整っているかどうか、託児所が利用できるかどうかといったこともあります。やはりこれらがしっかり整っている病院は人気が高く、競争率も高い傾向です。また、実際に働いてみなければわからない部分が大きいですが、病院内での雰囲気も大切で、相談しやすい人間関係かどうか、話しやすいドクターがいるか、親睦会などが行われているかといったことも大切です。

 

本記事は2016/04/20の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する