作業療法士の転職と学歴

職業:作業療法士

262views

imasia_11152413_M_R

 

作業療法士は学歴はさほど重視されない

 作業療法士に転職するためにはまずは専門学校や大学に3年から4年通って卒業し、国家試験を合格してからということになります。一般企業では就職、転職の際に学歴が重視される場合もありますが、作業療法士は学歴に関してはあまり重要視されません。

 

作業療法士になるための学校の差

 作業療法士の学校にも偏差値は上から下まで色々あります。面接、筆記試験があったとしても生徒数が定員数に満たないので受験さえすればほぼ100%入学できるような学校もあれば、偏差値が高く入試試験もしっかりと対策を行っていないと入試に落ちてしまう学校もあります。

 

 しかし、入学試験の難しさに差はあるものの、入学した後は勉強することはどの学校でも似たような内容です。なぜならどの学校でも共通して最終的には国家試験に合格しなければ意味がないので、その目標に向かって一年生の時から勉強していくことになるからです。もちろん学校によってはその授業の質が違ってはきますし、国家試験の合格率の差などは出てきますが、結局は自身が勉強に励んで国家試験に合格して資格を取るということが重要となります。

 

 ただ、全ての病院や施設とでいうわけではないですが、専門学校と大学とでは初任給の差が出てくる就職先はあります。

 

  • 入学試験の難易度や国家試験の合格率に差はあるものの、どの学校も勉強内容はほぼ同じ。

 

学校卒業時点でアピールできることは少ない

 学生中には基本的な医学についての知識や作業療法の考え方に関して学びますが、実戦で役に立つ手技に関してはほとんど習いません。手技などは就職して実際に働いてから身に付けることになります。よって、新卒は当たり前のことですがその点でアピールできる部分は少ないです。

 

 学力に関しても作業療法士になった時点で国家試験を合格するだけの学力や知識は持っていることになり、大きな差があるわけではないので単純に学力のみでアピールするのは難しいです。これらの理由から学歴に関しては就職や転職での影響力はあまり大きくはありません。

 

  • 学校卒業や資格を取得した段階では、手技や学力で他者と差を付けてアピールすることは難しい。

 

学歴よりも重要な経験

 転職で有利なのは学歴よりも作業療法士としてどのような経験を積んでいるのかということが重要です。これは前述した手技的なこともありますが、どのようなことに力を入れて活動をしているかということも大切です。

 

 例えば地域での活動に力を入れていて講演を行っているとか、自信がある分野の勉強会を行っているといったことが転職での強みとなります。作業療法士は、経験を積んでスキルを身に付けることによってステップアップにつなげやすい職種です。 

 

本記事は2016/04/20の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する