パティシエの採用先の分類と求人事情

職業:パティシエ

452views

SONY DSC

 

パティシエが活躍できる職場は様々

 一口にパティシエといっても、職場によって仕事内容や労働環境がかなり変わってきます。パティシエとして従事できる職場について説明します。

 

個人店・洋菓子店のパティシエ

 街で見かける一般的な洋菓子店などがこちらに分類されます。個人店の大きな特徴は、オーナーシェフが一緒に仕事をしていることが多いという点です。将来独立したいと考えている人は、実際にそれを実現したオーナーシェフの下で働けるので、勉強になることがとても多いです。

 

 こういった個人店で働くことを希望する人は非常に多いですが、労働時間や給料などの労働環境は決して良いとは言えず、過酷な職場が多いです。しかしその分知識や技術の習得は早くなります。しっかり修業して将来の独立につなげたい人には向いています。また、厨房と店舗が一緒になっているので、お客様の反応が直に見られるところも魅力です。他のお店とのつながりも強いので、転職の際にコネが使いやすいこともあります。

 

  • 労働環境は厳しいが、独立希望で技術と知識を少しでも早く身に付けたい人にはお勧め。

 

ホテルのパティシエ

 ホテルの中にも更に分類があり、ホテル直営のケーキ店、ホテル内のレストラン、宴会用のデザートを作る部門、結婚式の準備など、配属される部署によって仕事内容が大きく変わります。色々な現場で異なる仕事が出来る可能性があるので、様々な経験をしたい人には魅力的です。

 

 日本企業と外資系では職場の雰囲気や雇用形態が違うこともあるので一概には言えませんが、個人店に比べると労働環境や福利厚生がしっかりと整っているところが多く、安定を求める人には向いています。ただ、人数が多い分、分業制であることが多く、ずっとフルーツのカットだけ、ずっとムースの仕込みだけ、という仕事の仕方なので、全てのセクションを回るには個人店よりも時間がかかります。

 

 また、特徴として、コンクールに力を入れているホテルも少なくないので、専用の部屋があったり、コンクール経験がある先輩がいることも多いです。飴やチョコレートの細工物に興味があり、コンクールに挑戦したいと思っている人にはお勧めの職場です。

 

  • 色々な現場を経験したい人、コンクールに興味がある人には最適。

 

工場のパティシエ

 工場というと大手コンビニなどのスイーツを作る流れ作業の職場をイメージしてしまいがちですが、パティシエの世界では、店舗は併設されていないですが、個人店とほぼ同じ仕事内容で、各店舗に送るためのケーキを作る場所を「工場」と呼ぶことが多いです。

 

 こちらは目の前にお客様がいないので、ほぼスケジュール通りに作業をこなし、そこまで労働時間が長くないことが特徴です。また、そういった職場はデパ地下などに展開しているような大きな企業が多いので、労働環境がきちんと整っている場合が多いです。

 

  • 工場は大手企業に属していることが多いので、勤務時間などは比較的安定している。

 

カフェ、レストランのパティシエ

 カフェやレストランのパティシエは人数が少ないことが多いので、早い段階で仕込みから仕上げまで多くのことに携われるのが特徴です。だいたいパティシエは1店舗に2〜3人、少ないところだと1人しかいないお店もあります。ですので、責任感があり、1人で何でもやりたいという人、また、注文を受けてから仕上げに入るのでスピード感がある仕事をしたい人に向いています。

 

  • 1人で何でもこなしたい、スピード感を持って仕事をしたい人向けの職場。

 

大使公邸のパティシエ、食品関連の商品開発

 かなり少数派の職場ですが、大使館や大使公邸にもパティシエはいます。毎年求人の募集が出るわけではなく、空きが出たら1人募集といった形が多いので、興味がある人はもし求人を見つけたらすぐにでも応募すると良いです。仕事内容は主にパーティーでのデザートの提供です。土日休みであることが多く、労働環境、条件共に高待遇です。外国語が出来ることが必須の場合が多いので、興味がある人は少なくとも英語は出来るようにしておきましょう。

 

 その他に、大手の乳製品メーカーや製粉会社の商品開発に携われる場合もありますが、滅多に人員に空きが出ない事と、ある程度経験のあるベテランのパティシエでないと難しいので、なかなか就職することは出来ません。

 

  • 大使公邸や食品関連企業で活躍するパティシエもいるが、求人が出ることは稀で求められるスキルも高い。

 

本記事は2015/08/04の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する