図書館司書の仕事内容

職業:図書館司書

914views

imasia_11926300_M_R

 

図書館司書の一日

 図書館で働く人(図書館員)のことを総じて「図書館司書」と呼ぶことがありますが、正確には図書館司書資格を持った人を「図書館司書」と言います。図書館は静かでゆったりしたイメージがありますが、図書館司書はカウンター内外で忙しく働いています。

 

 朝は返却本の整理や新聞・新着雑誌の補強と差し替えを行い、開館中はカウンターで貸出・返却処理と図書カードの発行や更新、視聴覚資料や端末機の管理、予約本の検索等、様々な仕事を行っています。

 

 また、図書館によっては開館時間を長く設けている所もあり、その場合の早出は8:30~17:15、遅出Ⅰは11:00~19:45、遅出Ⅱは13:15~22:00の様に職員の勤務時間はシフトによって管理されます。

 

  • 静かでゆったりしたイメージの図書館だが、図書館司書は多忙。

 

図書館司書の仕事

 図書館司書は書架の整理、貸出や返却の処理(カウンター業務)などを中心に、内部事務として図書館に置く本を決める「選書」や、破損や汚損した本の修理、自館にない本を他館と貸し借りする「相互貸借」などを行います。また月間行事として絵本の読み聞かせやお話し会を開いたり、年間行事として‘図書館まつり’などのイベントを企画・運営します。

 

 多様な仕事の中でメインとなるのはやはり「図書館利用者の対応」となりますが、これは非常に奥が深い仕事です。まず自分の勤める図書館にはどんな資料や本があるかを把握した上で、図書館利用者の要望(どのような情報をどの程度必要としているのか)を的確に理解し、資料や本を提供しなければなりません。

 

  • 多様な仕事の中でメインとなるのは図書館利用者の対応。

 

情報収集を手伝い、好奇心を掻き立てる

 図書館司書の仕事の醍醐味は、利用者の疑問や希望を的確に把握し、その解決のためのヒント(=資料や情報のありか)を提供することにあります。これはカウンターで利用者に尋ねられた時はもちろんですが、館内のレイアウトや本の配架によって、利用者が自力で目的に辿りつける様な工夫をすることも重要です。

 

 つまり図書館司書とは、情報の調べ方に関するプロフェッショナルなのです。知識と経験に加え、常に新しい情報、新たな検索ツール等も覚えていく必要があります。こうした技術を兼ね備えてこそ、一人前の図書館司書であり、利用者の更なる知的好奇心を掻き立てるサポート役となれるのです。

 

  • 図書館司書とは、情報の調べ方に関するプロフェッショナル。

 

本記事は2015/08/05の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する