美容皮膚科の看護師の求人

職業:看護師

21views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_13592885_M

 

美容皮膚科と美容外科の違い

 美容系には美容皮膚科と美容外科がありますが、内容が大きく違います。共通して脱毛などは行っていますが、基本的に手術を必要とするものなど(豊胸や脂肪吸引・鼻を高くするなど)一般的に「整形」と言われるもののほとんどは美容外科で行います。

 

 反対に美容皮膚科ではレーザー治療が主となり、いぼやほくろの処置、顔のシミとりや美白、ピーリングなどのニキビの処置といった身体にメスを入れないやり方のものを行います。「美容レーザー専門クリニック」などはこちらに該当します。

 

 

美容皮膚科での看護師の仕事

 看護師の仕事内容としてはカウンセリング、施術や施術後の状態の説明、医師の処置の介助という形になります。美容皮膚科では美容外科と違い手術をすることはないので、手術室看護師のスキルは基本的に必要とされません。

 

 レーザー治療と一口に言っても様々なものがあり、シミ取りなど顔全体に当てるものなどは看護師が施術を行いますが、炭酸ガスレーザーを使用したほくろの処置などは医師が行うため、看護師は医師の介助につくことになります。また、プラセンタなどの注射や点滴などを行うのも看護師の仕事です。

 

  • いわゆる「整形」と言われるメスを入れる患者はいないのでレーザー治療などが多い。

 

美容皮膚科で働くメリット・デメリット

 美容外科と同じく社員割引を適用している所が多いので、施術が割安で受けられます。また、新人看護師が入ってきた時は施術の練習のために施術を受けることができ、新しい器機の導入の際は看護師がまず施術を試すので肌が綺麗になりやすいのもメリットと言えます。美容に興味があって格安で自分も治療をしてみたいという人には嬉しいポイントでしょう。

 

 デメリットとしては美容外科と同じく忙しい職場であること、ノルマ達成によって給料に差が出ることなどがあげられます。また、美容外科と違い手術をすることもないため看護師のスキルとしては点滴や注射しか上がらないといっても過言ではありません。病院とは業務内容も仕事のスタンスも全く違うため、経験を積みたいという人には不向きであると言えます。

 

  • 社割などはメリットだが看護師のスキル向上に繋がらないというデメリットも

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/05の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する