40代/50代の看護助手の転職事情

職業:看護助手

849views

imasia_1692136_M

 

40代の看護助手の転職事情

  • 看護助手は40代でも働き盛り

 一般的な企業であれば40代の転職は躊躇することが多いですが、看護助手の場合は慎重にならなくても大丈夫です。40代の看護助手はまだまだ働き盛りと言ってもいいくらいです。既に看護助手をしていて他の病院や施設に転職する場合でも、他の仕事から看護助手に転職する場合でも、年齢を理由に転職を思いとどまる必要はなく、むしろどんな仕事でも勤務体制でもこなせる年代ですので、活動的に転職にチャレンジするのが良いです。

 

 40代となると子どもの手も離れて比較的時間の融通が利くようになり、夜勤もできるようになります。育児のことを気にしなくても良い分、多少遠い職場でも通勤ができるなど、職場の選択肢が広がり、自由になるのが40代の特徴です。

 

  • 40代で看護助手に転職すると長続きする

 40代で看護助手に転職をした人は長続きする傾向があります。それはある程度の人生経験を積んでいて、他の仕事への転職は難しいということも知っているからです。また既に看護助手をしていて他の病院や施設に転職する場合でも、看護助手の仕事の素晴らしさややりがいが分かっているのです。

 

  • 子どもが手を離れていること、人生経験を積んでいることから、どんな仕事や勤務体制もこなせるのが40代の看護助手。

 

50代の看護助手の転職事情

  • 50代でも転職は難しくない

 他の職業での50代の転職は厳しいものですが、看護助手の場合は可能です。看護助手は50代でもバリバリ働いている人もたくさんいますし、60歳や65歳の定年まで働く人も多いのです。50代で病院や施設を変わったり、50代から看護助手を始める人もたくさんいます。実際に看護助手の求人は年齢制限がない所も多く、50代でも正社員として働くことも可能です。

 

 最初は体力的にきついかもしれませんが、慣れれば解消されていきます。子どもが自立していれば時間的にも余裕があるでしょうから、立派に看護助手として勤めることができます。

 

  • 50代の看護助手を求めている事業所もある

 病院や施設によっては、育児を終えた50代の看護助手を求めているところもあります。育児が終わっていれば急に欠勤することも少ないですし、中にはご両親の介護経験を持つ人もいて、それは看護助手の仕事に非常に役立ちます。看護助手自体の経験がなくても、育児や介護を仕事に活かせるのが看護助手のメリットでもあります。

 

  • 50代でも転職は可能で、育児を終えて時間に余裕があったり、両親の介護経験を持つ場合などは非常に歓迎される。

 

本記事は2016/04/15の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

看護助手転職サイト!ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 上場企業系列の介護系求人サイト「ツクイスタッフ」が安定感抜でランキング1位を獲得中!拠点は全国に30以上!

  2. 介護系の求人を多数保有!特に看護助手に関しては人気が高い!資格取得サポートあり!

  3. 大手ベネッセグループが提供する介護系の求人サイト!2サイト併用する人はベネッセ利用者が多い!

ページ上部へ移動する