20代の看護助手の転職事情

職業:看護助手

155views

imasia_14535453_M_R

 

看護助手の転職は20代が有利?

 一般的には転職は若い方が有利です。それは若い方が覚えも速く、長く働いてくれるからです。しかし看護助手の仕事は特殊なところがあり、若い方が良いことばかりではありません。

 

 例えば介護の仕事をする場合などは、30代や40代で家事や育児、介護の経験がある人の方が採用されやすいこともあります。年齢が高くなるにつれて転職成功率が低くなるという事実はありますが、看護助手の求人は年齢制限がない場合も多く、20代~50代までの幅広い年齢層の人が看護助手として働いています。

 

20代の看護助手の転職先

 30代以降の看護助手が転職をする際は介護施設に移ることが多いのですが、20代の看護助手の場合は病院から病院に転職するケースがほとんどです。施設の看護助手はヘルパーとしての介護業務が中心となり、看護師の補助の仕事は非常に少ないのです。20代の若い頃は看護師の補助的な業務をバリバリとこなしたいと考える人が多く、看護助手をしていて看護師の資格取得を目指す人も少なくありません。介護業務は年配の人が行うことが多い傾向があります。

 

 病院によっても看護助手の勤務体制や条件や仕事内容には差があるので、より良い病院に転職する20代の看護助手も多いです。20代で看護助手の経験者ならばどこの病院に面接に行ってもほぼ採用されるので、看護助手の方が病院を選べるほどの時代になっています。ただやはり長期間の経験者の方が有利ですので、転職を繰り返すよりも一つの病院で経験を積んだ方が良いのは明らかです。

 

  • 20代の看護助手は、介護よりも看護師の補助業務に従事したいと考える人が多いため、病院間を転職するケースが多い。

 

20代の看護助手の転職の注意点

 20代の看護助手が転職する時に注意すべきことは、ちょうど結婚や出産をする時期なので、すぐに休んだり辞めたりしないかと事業者から思われることです。特に既婚者で小さい子どもがいる場合は、子どもが病気をした時に面倒を見てくれる人がいれば採用されやすいです。また、これから結婚する場合は、結婚後も仕事を続ける意思を伝えた方が採用につながりやすいです。

 

本記事は2016/04/15の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する