病院・医療機関の看護助手の求人

職業:看護助手

143views

imasia_14360738_M

 

病院の看護助手の求人と仕事内容

 病院の看護助手の求人は多く、特に総合病院は多くの入院患者様や看護師がいるので看護助手の仕事もたくさんあります。病院などの医療機関では、看護助手の仕事は基本的には多忙な看護師の業務をサポートすることですが、採用先の診療科や病院の規模、配属される部署によって求められる業務の内容に違いがあります。

 

  • 外来勤務

 入院施設がない小さな医院やクリニックでは外来の業務が主となります。外来の患者様を診察室や検査室、リハビリ室へと案内したり、院内の環境整備、診療材料の洗浄や準備などを行います。透析を行っている病院では透析室に看護助手がいて、治療している間動けない患者様の介助をしています。通院してくる外来患者様は不安や心配を抱えて来ている方もいます。優しく明るい表情で接するように心がけることが大事です。

 

  • 病棟勤務

 入院施設のある規模が大きい病院になると、外来の業務に加えて病棟での入院患者様に対する介護業務があり、身の周りのお世話や介助、環境整備も行います。また入院中の患者様のカルテや医師が書いた書類などの整理をする事務系の業務を担うこともあります。他にも治療や手術に使う器具や診療材料の滅菌・消毒などを専門に行う部署があり、そこにも看護助手が配属されます。

 

 病院として求人を出しているので、実際にはどの部署、どの病棟に配属になるかは予め決められていないこともあります。枠にとらわれずにスタッフが不足している部署に配属されるので、主たる業務が事務系であったり介護業務であったりします。

 

  • 小規模の医院などでは外来勤務が多い。入院施設のある大規模病院の場合は、外来の他にも病棟での介護業務や事務を担当することもある。

 

働くからには何でもやる覚悟で

 実際の医療現場で働くということは表側から見えているものとは違った面があります。排泄の介助であったり、汚れた場所を掃除したりなど、きれいな仕事ばかりではないのが現実です。病棟付きの看護助手でも介護や事務系の仕事以外の仕事を求められることもあります。

 

 しかし、医療行為以外は何事も挑戦して覚えようという気持ちで取り組んでいく姿勢は自身の成長につながりますし、どんなことも勉強になります。看護助手は、医療機関で人の役に立てる仕事がしたいという気持ちを活かすことができる職業ですし、人手不足に悩まされている医療の現場もそのような人材を待ち望んでいるのです。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

看護助手転職サイト!ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 上場企業系列の介護系求人サイト「ツクイスタッフ」が安定感抜でランキング1位を獲得中!拠点は全国に30以上!

  2. 介護系の求人を多数保有!特に看護助手に関しては人気が高い!資格取得サポートあり!

  3. 大手ベネッセグループが提供する介護系の求人サイト!2サイト併用する人はベネッセ利用者が多い!

ページ上部へ移動する