看護助手に必要なスキル・知識

職業:看護助手

446views

imasia_1373394_M

 

看護助手に必要なスキルや知識とは?

 病院や介護施設の勤務と聞くと医療に関する知識や勤務経験が必要なのではないかと思われがちですが、看護助手は医療行為を行いませんので医療従事者としてのスキルや知識は必要ありません。実際に仕事に就いてから教わることで、看護助手として必要な医療や介護に関する知識が身に付いていきます。

 

 しかし、患者様との関わりが多く、介助だけでなく会話が必要な場面もあるのでコミュニケーション力がある程度備わっていないと難しい面があります。また、患者様の様子が変わりないかなどの観察力や洞察力は、普段関わりの多い看護助手だからこそ必要で、それが患者様たちの健康や命を守ることにもなります。

 

 普段の業務の中では、時として畑違いと思われるような他の職種の経験や知識が思わぬところで役に立つことがあります。周りと違う視点から、全体あるいは一点を見ることができるので、業務の内容によっては他のスタッフが気付かない面に目が行き、業務の改善に繋がったりすることもあるのです。

 

 特定の資格がなくても問題ない職種ですが、自己のスキルアップを考えるのなら介護職員初任者研修(ホームヘルパー)があります。受講し試験を受けて資格を取得すると、実際の施設での業務に役立ちますし、認知症などの高齢者の病気に対する理解も深まります。

 

  • 専門知識や資格がなくても就業でき、必要なことは実務を通して習得できるが、コミュニケーション能力や観察力、洞察力はあった方が良い。

 

大事なのはコミュニケーション能力

 コミュニケーション能力は特に大事です。医療や介護はチームで動くものですので、まず職員同士が良い関係性を持っていないと患者様や利用者様への不利益にもなりかねません。自分自身の仕事においてのモチベーションにおいても重要なポイントですので、もし苦手意識がある場合は克服していく必要があります。

 

 看護助手は看護師からの指示を受けて動きますが、看護師が何を頼んでいるのか、何をして欲しいのかをすぐに察知して早回りして動けるようになれば一人前です。例えば処置した後の器具が溜まっていないかどうかを常に気にしておき、溜まっていたら指示がなくても先に洗い物をするといったことです。気が利くことが求められますし、看護師もコミュニケーションが取りやすい人に仕事を頼むようになります。

 

 また、病院や介護施設にいる高齢者の中には病気によって認知機能が低下している人もいます。そのような人の介助やお世話をするのも看護助手の仕事ですが、意思疎通を図るのは難しいことも多いです。しかし、患者様たちの訴えに耳を傾けて人格を尊重したケアができるよう、コミュケーション能力を活かした対応が求められます。

 

  • スタッフ間でも患者様との関係においてもコミュニケーション能力は非常に重要。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

看護助手転職サイト!ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 上場企業系列の介護系求人サイト「ツクイスタッフ」が安定感抜でランキング1位を獲得中!拠点は全国に30以上!

  2. 介護系の求人を多数保有!特に看護助手に関しては人気が高い!資格取得サポートあり!

  3. 大手ベネッセグループが提供する介護系の求人サイト!2サイト併用する人はベネッセ利用者が多い!

ページ上部へ移動する