看護助手の年収相場

職業:看護助手

222views

imasia_14089433_M

 

看護助手の平均年収

 職場や地域によって幅がありますが、看護助手の全国的な平均年収としては250万円~300万円ほどです。これには夜勤などの諸手当も含まれています。事業所の福利厚生の状態によって、諸手当(交通費・資格手当・扶養手当・住宅手当など)の支給の額や種類も違ってきます。介護福祉士の資格などがあれば、これに資格手当が加算されますので収入がもう少し増えます。また、年俸制の事業所もありますので事前の確認が必要です。

 

 パートやアルバイトの場合、時給は1000円を超えるところが多いです。フルタイムでパートをすれば年収は200万を超えることもあります。介護施設だと夜勤のみのパートもあるので、その場合は更に高くなります。ただしパートは基本的にボーナスが出ませんし、仕事内容も正社員と変わりませんので、長時間働けるならば正社員として勤務する方が年収は上がります。

 

  • 待遇はよくないのか?

 看護助手は資格がなくても働けるという利点がありますが、その分収入はそこまで良くないのが現実です。就職の敷居が低いため収入面も低くなるというやむを得ない事情もあります。給料以外の点でも、労働が過酷であったり、休みが取りづらかったり、また病院によっては雑用係のように使われたりするところもあり、待遇が悪いと感じるケースもあります。

 

  • 平均年収は250~300万円程度で、資格があれば手当が加算されることも。アルバイトやパートの時給は1000円以上のところが多い。

 

資格取得が年収アップにつながる

 多くの医療機関では看護助手のキャリアアップの協力体制ができています。実務経験を積んでいき、講習を受けてヘルパーの資格を取ったり、介護福祉士の試験を受ける資格を得られたりという可能性もあります。また、医療機関によっては資格取得のための奨学金制度が設けられているところもあります。

 

 最近は働きながら学校に通う人も増えており、病院側も資格を取るために日勤だけにしてくれたり特定の曜日に休みを入れてくれたりなど、協力してくれることも多いです。資格を取ることにより、職員は収入が増えることが期待できますし、事業所側としてもよりプロ意識の高い人材の確保につながるので奨励されているのです。

 

  • 資格取得のバックアップ体制を整えている医療機関が多く、自身のキャリアアップや年収アップにつながる。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する