看護助手の採用先の分類

職業:看護助手

115views

imasia_6950976_M

 

採用先のほとんどは病院

 看護助手の求人を出している機関を見てみると、そのほとんどが医療機関、特に総合病院が多いです。総合病院には様々な診療科があり、入院患者や看護師の数も多いので、その分看護助手の募集も多くなります。

 

 外来での仕事は、看護師のサポートや、患者様の移動時の介助、薬品やカルテなどの書類の搬送、診療材料の滅菌消毒など多岐に渡ります。また、病棟においては患者様の身の回りのお世話や食事の介助、環境整備、ベッドの管理、書類やカルテの整理などを行います。最近では看護師をサポートする業務が増えたため、メディカルケアワーカーやメディカルアシスタントといった職種も出てきており、求人を探した時にこのような名称で募集している場合もあります。

 

 看護助手への転職を考えている場合は、まずは病院から始めてみるのがお勧めです。仕事内容や医療用語などの知識が一通り身に付くので、どこに行っても務まるようになります。

 

  • 病院の募集が最も多い。看護師の補助や患者様のサポート、書類やカルテの整理など、勤務先によって仕事内容は様々。

 

介護施設での採用も

 次に多いのは介護施設関係です。施設からの求人では「看護助手」という名称で出ていることは少ないので分かり辛いですが、介護職員として求人が出ており、業務内容の主たるものは介助業務です。介護施設は看護師が少ないため、医療行為以外は看護助手が行うことが多いです。

 

 求人の条件にヘルパーや介護福祉士の資格保有者を上げているところもありますが、資格を持っていなくても採用される場合もありますので事業所への確認も大事です。また入職当初は資格がなくても、働きながら資格を取れる機会もあるので、現場で実務経験を積みながらプロとしてのキャリアアップを目指して資格を取得していくという道もあります。将来的に資格を取りたい人や介護の仕事もやってみたい人には向いている職場です。

 

 これからの高齢化社会に対応するため、施設の数も増えてきています。それと同時に看護助手という仕事もニーズが高まってきています。医療現場でも介護施設関係でも、どちらで働いても自身のキャリアアップにつながり、長く働くことで知識も身に付いていきます。

 

  • 介護施設では介助業務を主に行う。働きながら資格を取得しキャリアアップするという道もある。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する