看護助手の求人事情

職業:看護助手

115views

imasia_5382008_M

 

看護助手が必要とされる現場とは

 病院、クリニックなどの医療機関や、高齢者や体の不自由な方々のための介護施設では、医療従事者以外に患者様や利用者様のお世話や介助を担ってくれる看護助手という職種の求人が増えてきています。ハローワークや求人誌などでこの手の求人を見かけることも少なくありません。

 

 医師や看護師が日々働く環境は、治療や処置などの多忙な業務の中で人手不足の問題を抱えています。医療行為以外に事務作業が多く、また患者様の訴えの傾聴などにも時間を取られます。看護助手が医療以外の面をサポートすることにより、医師や看護師は治療や医療行為に専念できます。業務がスムーズに運ぶことは患者様に対して最適な医療や介護を提供できることにもつながります。看護助手が担う仕事は医療チームの一員として期待されるものとなっています。

 

 事業所側の立場としては、資格を有していなくても採用できるため、人手不足の解消案の一つや経費削減対策としても考えており、積極的に看護助手を募集する動きがあります。 また、看護助手の中には看護学校に通っている学生もいます。その学生たちは卒業後、そのまま働いていた病院に看護師として就職する可能性が高いので、将来の人材の確保にもつながるのです。医療や介護の仕事は大変な面が多いのは周知の事実であり、事業者は職員の確保に苦労しています。

 

  • 医療機関や介護施設は人材不足の解消案の一つとして看護助手を積極的に募集する傾向。

 

看護助手の求人に応募する時の心構え

 看護助手という仕事に就くにあたり特別な資格が要らないということは、裏を返すと誰でもいいのかと思われがちです。しかし実際には向き不向きがあり、多種多様な業務がありますし、仕事に対する責任感ややる気が求められる職種です。また、大規模な病院かクリニック程の規模なのか、介護施設でもグループホームなのか特養なのかによって仕事内容に違いがあります。

 

 医療行為以外は何でもやるというくらいの考えが必要ですが、実際に働いてみたら採用の時の話と違う、想像と違ったということも少なくありません。事業所としては長く勤めてもらう事を望んでいます。応募する際は、担当者の話をよく聞き、分からない点は事前に質問して、出来るだけ業務内容を把握しておくことにより仕事に対する不安も減っていきます。

 

  • 医療行為以外は何でもやるという心構えのもと、仕事内容を事前にしっかり把握して応募することが望ましい。

 

本記事は2016/04/13の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する