看護師のクリニカルコーディネーターへの転職

職業:看護師

199views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

SONY DSC

 

クリニカルコーディネーターの仕事

 クリニカルコーディネーターとは、医療機器販売業者や、製薬会社で働き医療機器の使い方の説明や薬品の用途の説明などを行う人のことを言います。病院などが新しい医療機器を導入する際に使い方を説明しに行ったり、学会などで医療機器や薬品の説明を行ったりもします。

 

 営業職と似ている部分があると思われますが、営業は専門の営業担当者がいるので、クリニカルコーディネーターは営業担当の人と一緒に病院などを回り、製品の使い方や特徴を説明するのが役割となります。

 

看護師がクリニカルコーディネーターになるには

 クリニカルコーディネーターという資格があるわけではありませんが、医療機器販売業者や製薬会社で働くことになり営業の相手は病院が主なので、病院で働いた経験の看護師はとても適切な資格であると言えます。病院の医師などとのコミュニケーションもクリニカルコーディネーターにはとても大切なものであり、看護師は病院の現状をよく知っているので営業担当者をサポートするには最適です。

 

 また、クリニカルコーディネーターは病院だけでなく、各種学会にも参加し発表を行います。看護師は仕事柄勉強会や研究発表などが多いため、学会での発表にも比較的向いているでしょう。

 

  • クリニカルコーディネーターになるにあたり看護師資格は活かせる。

 

クリニカルコーディネーターの求人状況

 一般的なハローワークや雑誌などの求人にはほとんど出ることがありません。元々募集自体が少ない職業なので求人を探す際は転職サイトを利用することをお勧めします。医療機器や薬品の販売を行う側として、多くの疾病や薬品に対する知識を求められるため、ある程度の臨床経験を求められる場合があります。

 

 また、外資系の製品を扱っている所も多くあるので英語が出来る人は重宝される傾向にあります。勤務は基本的に日勤のみの土日祝日休みが多いですが、出張がある会社もあるので事前に確認が必要です。

 

  • 求人数は非常に少ないので入職したい場合は転職サイトなどを使い情報収集を行うのは必須。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/03の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する