看護師の教員への転職

職業:看護師

49views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_13109262_M

 

教員の種類、仕事

 一口に看護師の教員といっても、高校の看護コースの教員なのか・看護専門学校の教員なのか・大学の教員なのかによって必要とする資格や条件も大きく変わってきます。また、専門学校や大学では非常勤やパート、実習指導者などでも分けられます。

 

 仕事内容としては、それぞれ多少異なる所はありますが、一貫して教員というのは残業や雑務が多いです。講義をするだけでなく、試験問題の作成や採点、追試の準備や研究や論文の作成、実習指導や記録の添削など仕事は多岐にわたります。

 

  • 高校の看護コースの教員

 高校に勤務する場合はまず、看護師の資格の他に高校の教諭免許が必要となります。これは専門の大学や大学院でしか取れないので、元々目指していたという方以外は資格習得のために新たに大学もしくは大学院に行くという形になります。

 

  • 看護専門学校の教員

 専門学校では看護教員養成講習を受ける必要がありますが、一般的に言われる教員免許は必要としません。そのため看護師から教員への転職に関しては、その他の教員と比べると比較的しやすいと言えます。就職を決定してから講習を受けに行くのも可という所もあります。しかし、最初から常勤というわけではなく多くが初めは非常勤からという形を取っている所が多いようです。

 

  • 大学の教員

 大学の教員になるには、修士や博士といった資格が必要となりますが高校と違って教員免許は必要とされません。大学の教員は自分の出身大学から大学院を経て教員にという方が多いようで、通信などでも学士はとれますが需要は少ないのが現状です。

 

 しかし、非常勤の実習指導者であれば上記の資格は必要なく、看護師のある程度の臨床経験があれば採用してくれる所もあるようです。自分の出身校が採用されやすい傾向があるので、まずは出身校に求人が出ているかどうかを確認することをお勧めします。

 

看護師が教員になるために

 大きく分けて説明しましたが、共通して言えることはどれも看護師としてのある程度の臨床経験は必要とされるということです。分野は問わないようですが、経験は長ければ長い程採用に有利になります。また、高校の教諭や大学の教諭はなるためには時間もお金もかかります。そのことを十分理解した上で自分の目指す道に進んでいって頂きたいと思います。

 

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/03の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する