看護師の治験業界への転職

職業:看護師

32views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_1556418_M

 

治験で働く看護師の種類

簡単に治験で働く看護師の種類及び役割としては下記が挙げられます。

  • CRC(治験コーディネーター):験者の方の新薬に対する不安や悩みなどのケアを行う
  • CRA(臨床開発モニター):治験が適切に実施されているかどうかのチェック、病院の医師などとの連携
  • MR:治験での医薬品の営業や宣伝を担当
  • DM(データマネジメント):治験での試験におけるデータ資料作成など
  • QC(品質管理):治験における実施状況のデータ管理や、提出データが適切かどうかの評価など

どれも「資格」というものはないので、看護師だけでなく薬剤師や臨床検査技師の方など様々な職種の方が応募・採用されるので、採用倍率は比較的高いと言えます。

 

  • 看護師が入職できる治験の職種は複数あるが他の資格でも入職できるので求人倍率は高い。

 

どのような人が向いているのか

 治験では様々な人とのコミュニケーションが重要となります。病院の医師はもちろんのこと、治験の対象者となる被験者の方にも適切な対応をしていかなければならないので、高いコミュニケーション能力が必要とされます。また、営業を行うこともあるため、ある程度の社会人としてのマナーが必要とされます。

 

 病院と違って内勤だけでなく外勤や出張などもあるので(治験の中でも職種によって異なる)フットワークの軽い方の方が比較的向いていると言えます。患者さんのお世話をするのではなく、患者さんの治療に役立てるよう支援することが仕事となるので、情報収集や検査のデータ管理などが得意な方も向いていると言えるでしょう。

 

  • 病院勤務と違って外勤などの可能性もあるので、いわゆる看護師の適性とは違う適性が求められることも。

 

給与や福利厚生

 給与は一般病院の夜勤なしの看護師とほぼ同じかそれ以上の所が多いです。夜勤がなく、土日も休みなので家庭がある方など規則的な生活がしやすいと言えます。しかし、出張がある場合や転勤もまれにあるので出張や転勤がどうしても無理という方は事前に確認しておいたほうが良いでしょう。福利厚生についてはしっかりしている所が多く、産前・産後・育児休業や長期休暇などが取れる所も多くあります。

 

  • 年収や勤務体系など待遇面は総じて良い傾向。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/03の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する