看護師の空港への転職

職業:看護師

174views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_7158584_M

 

医務室と検疫官

 空港で働く看護師は二つの職種に分けられます。一つは空港の医務室や空港内でのクリニックで働く看護師です。空港で働く看護師と言えばこちらを思い浮かべる方が多いと思いますが、空港で働く看護師にはもう一つ検疫官という仕事があります。2つに分けて解説します。

 

 

医務室で働く看護師

 空港の医務室では、飛行機に搭乗する乗務員やパイロット及び空港で働く方の健康管理及び指導などが主な仕事内容となります。その他に体調不良を訴える乗客の対応や、軽傷の処置なども行います。空港ということもあって体調不良になる乗客の方は結構いらっしゃるようです。しかし、医務室では応急処置しか行えないので重症の方であれば病院に搬送ということになるため、そちらの対応もすることになります。

 

 空港勤務者の健康管理は一般企業の看護師(産業看護師)の役割と類似しています。飛行機は海外であれば何時間と機内にいなければならないため、かなりの激務であると言えます。そのため、乗務員やパイロットの健康管理は医務室の看護師にとって、とても重要な役割となるのです。

 

  • 医務室の看護師は空港関係者の健康管理などを行う。

 

検疫官として働く看護師

 検疫官とは、日本への入国・出国者の中で感染症に罹っている人がいないかを確認する仕事です。最近ではテレビなどでも話題になったエボラ出血熱が世界的に脅威となっていますが、こういった感染症疑いのある方への問診やバイタルサインチェックも検疫官の役割となり、必要に応じて採血などを行う場合もあります。

 

  • 感染帳チェックの検疫官としての働き方もある。

 

空港で働く看護師に必要とされるもの

 空港は日本人だけでなく多くの外国人の方が利用します。母国語はもちろんバラバラですし、空港利用する外国人の方が皆が日本語を話せるわけではありません。そのため空港で働く看護師には公用語である英語力が必須となります。また、一つの医務室に対して看護師が何人も在籍していることはなく、患者さんによって国籍や症状も様々であるため豊富な知識と適切なアセスメント力が必要とされます。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/03の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する