20代の不動産仲介会社の転職例

業界:不動産仲介・売買会社

104views

大手ハウスメーカーから大手不動産仲介会社へ (28歳 東京都在住)

 

男性(20代)

 大学卒業後、東証一部上場企業であるハウスメーカーに就職しました。配属先は広島県の営業所で営業マンとして5年間勤務していました。家庭の事情で地元東京に帰る必要があったのと仕事で懇意にしていた不動産仲介会社の営業の仕事ぶりに関心を持ち、自分も不動産仲介の仕事をしてみたいと思い転職しました。

 

 全国規模の大手不動産仲介会社(売買)に転職し、配属先は希望通り都内の店舗でよく知っているエリアを担当することができました。宅建の資格は持っていたのですがハウスメーカーとは実務内容が違うため、最初は仕事を覚えるのに苦労しました。しかし先輩たちの指導・協力もあってコンスタントに契約も取れるようになり、1年経ってようやく不動産仲介の仕事が面白くなってきました。

 

 特に不動産の売主は様々な事情を抱えて不動産を売却することもあり、本音を聞きだすことは難しくハウスメーカーとは違ったコミュニケーションスキルが必要です。これらに磨きをかけ営業マンとしてより一層成長していきたいと思います。

 

食品卸会社から中堅不動産仲介会社へ(26歳 大阪府在住)

 

男性(20代)

 専門学校を卒業後、食品卸会社に就職し大阪営業所勤務になりました。ところが営業勤務5年目に会社が突然関西エリアから撤退することになり、私は東京に転勤を命じられました。生まれ育った関西を離れたくなかったのと、知人が仕事をしていた不動産仲介営業の仕事に関心があり私も一度仕事をしてみたいと思っていました。これをきっかけに関西エリアのみに30以上の店舗がある不動産仲介会社(売買)に転職しました。

 

 不動産営業の知識はなく業界未経験の転職でしたので最初の1ヵ月間は仕事を覚えるのに必死でした。入社して2ヵ月目に中古マンションの契約を1件取ることができました。そのお客様は老夫婦の方で一戸建てから駅近のマンションに住み替えを検討されていました。担当となった私はそのお客様に約1ヵ月間、土日・平日を問わず10件以上の物件を案内させて頂きようやく契約することができました。私の仕事ぶりを大変感謝してくださり、1年経った今でも連絡を取り合っています。

 

 現在は業務にも慣れ物件調査から契約・決済までの一連の業務を1人で出来るようになり仕事も楽しくなってきました。今年度は宅地建物取引士の資格試験に合格するのと、入社2年目までの優秀な営業マンに会社から贈られる「新人賞」を取ることが目標です。

 

損害保険会社代理店の営業から不動産仲介会社の営業事務へ(26歳 東京都在住)

 

女性(20代)

  大学時代に学んだ金融知識を活かそうと思い新卒で損害保険会社代理店に就職しました。しかし、営業という仕事が肌に合わなかったせいか成績も芳しくなく入社後3年で退職しました。損保時代に取引先でもあった不動産仲介会社が都内に複数店舗を出店するのに伴い営業事務(正社員)を募集していたので応募し入社しました。

 

 仕事の内容は電話応対・接客・伝票整理などの一般事務から書類作成の補助業務・火災保険の説明(資格有り)などです。現在、忙しい時期を除いてほとんど定時に退社できるため、仕事帰りに習い事に行ったり友人と食事をするなどプライベートも充実しています。

 

本記事は2016/03/29の情報で、内容は不動産仲介・売買会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する