不動産仲介会社の転職と資格

業界:不動産仲介・売買会社

182views

imasia_10991920_M_R

 

不動産仲介会社の転職に資格は必要?

  • 宅地建物取引士(宅建士)は有利

 不動産仲介会社に転職する際、宅地建物取引士(宅建士)の資格は必要なのかと疑問に思う人が多いですが、結論としては持っていた方が良いです。少なくとも「現在取得に向けて勉強中」と言う必要はあります。宅建士の資格がないと採用されないわけではありませんが、中途採用試験で同じレベルの宅建士資格がある人とない人がいれば、資格がある人を採用します。

 

 宅地建物取引士しかできない業務とは「重要事項の説明・記名押印・契約書への記名押印」です。実は不動産仲介会社の業務の中でこの仕事が占める割合は多くありません。つまりほとんどの業務は宅建士の資格がなくてもできるのです。しかし、採用する側は宅建士の有資格者を好みます。不動産仲介会社の新人研修は宅建士の勉強とリンクするので、有資格者であればこの時間を省略し研修や教育期間を短縮できるからです。

 

 特に大手不動産仲介会社の場合、入社後全員に宅建士を取得させる会社もありますし、また事務所の5人に1人設置という義務もあります。特に不動産業界未経験者であれば、「不動産屋に就職する覚悟を示す」という意味でもこの資格は取得しておいた方が良いです。

 

  • 普通自動車運転免許は必須のところも

 中途採用の募集要項にも普通自動車免許と記載されているところが多いですが、実務では案内・物件調査等で必ず車の運転が必要です。都心の法人不動産の仲介・東京都心の不動産仲介等では車が必要ない会社もありますが、全国規模で考えれば実務においては宅建士以上に必要な資格です。

 

  • 宅地建物取引士は必須ではないが取得しておきたい資格。普通自動車免許は必須の会社も多い。

 

不動産関連のその他の資格

 不動産に関連する資格はファイナンシャルプランナー・マンション管理士・その他民間資格等色々あります。資格の学校やWebサイト等で、不動産会社の実務におけるこれらの資格の必要性を謳っているものも多いですが、転職の際には必要ありません。不動産仲介業は座学で勉強するより実践・実務経験で知識を付けた方が身に付きます。不動産関連の資格は入社後に資格手当や自己啓発等必要に応じて勉強すれば良いです。

 

本記事は2016/03/29の情報で、内容は不動産仲介・売買会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する