不動産仲介会社の仕事内容

業界:不動産仲介・売買会社

139views

imasia_16150935_M

 

不動産仲介会社の業務内容は?

 不動産仲介会社の業務を大きく分けると、「客付けと物件探し」「重要事項の説明・契約・引渡し業務」となります。

 

 不動産仲介業者は、売主・買主(または貸主・借主)双方またはどちらか片方から依頼を受けて仲介行為(法律用語では媒介)を行います。この依頼内容を大きく分けると「不動産を買いたい・借りたい」客を探してくる業務である客付けと、依頼主の希望にあった不動産を探してくる業務物件探しの2つになります。この双方のニーズをマッチングさせ契約成立まで結びつけ、履行に着手(物件の引渡し)させるまでが不動産仲介一連の業務になります。

 

客付けと物件探し

  • 客付け

 客付けは売主・貸主を探してくるところから始まります。方法は多岐に渡りますが、チラシ・ホームページ・DM等で集客します。依頼があった場合、依頼主が所有している不動産が「いくらで売れるか・貸せるか」という市場価値を査定します。その後の流れは「依頼 → 査定 → 価格決定 → 売出し→ 客付け」で、業界ではこれをまとめて客付け業務と呼んでいます。

 

  • 物件探し

 物件探しは買主・売主から問い合わせがありその希望に合った物件を探すところから始まります。具体的には予算・広さ・間取り・交通の便・住環境等依頼主の要望を基に条件に合った物件を探し、物件を案内する業務です。一連の流れは「依頼 → 物件探し → 案内 → 申し込み」で、同じくこれをまとめて物件探しまたは買受け・借受けの受託と呼んでいます。

 

 客付け業務と物件探し業務で物件または顧客が一つに決まればそこから交渉に入ります。具体的には買主(借主)が希望価格・引渡までの諸条件・ローン特約の内容などを書面で条件提示し、仲介業者が売主(貸主)と交渉します。

 

  • 不動産の売主・買主(または貸主・借主)を探し、ニーズに合った物件を探して契約まで結びつける。

 

重要事項の説明・契約・引渡し

 交渉が成立すれば契約の準備に入ります。不動産の契約は締結前に取引物件の情報を提供する「重要事項の説明」が買主・借主に対し義務付けられていて、宅地建物取引士がこれを書面で説明します。これに伴い事前に物件の調査が必要になります。

 

 この業務の前後の流れは「物件調査 → 契約関係書類作成 → 重要事項説明 → 契約 → 引渡し」です。物件調査には法的調査と現地調査があり、法的調査は役所・法務局・ガス・電気等の関係企業等で登記関係や法的な調査・ライフライン等の調査を行います。現地調査では現地に足を運び物件の状況(設備故障や管理状況)や近隣の状況(騒音・トラブル)などを調査します。これらの重要事項の説明が完了し、売主(貸主)買主(借主)双方納得すれば契約締結します。

 

 契約締結後、決済・引渡しの準備に入ります。不動産の場合決済・引渡しは同日(違う場合もあり)です。決済はお金の支払いで、その準備とは買主のローン等の段取りが主な業務です。引渡しとは物件の鍵の引渡し所有権移転登記等のことです。引渡し業務で契約と内容が違っていれば大きなトラブルになるため、契約締結後も仲介業者は手を抜けません。

 

  • 物件調査後に宅地建物取引士が重要事項の説明を書面で行い、契約、引渡しへと進む。

 

本記事は2016/03/28の情報で、内容は不動産仲介・売買会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する