校正者を辞めたい時

職業:校正

227views

imasia_16411916_M_R

 

体力と集中力に限界を感じた時

 校正は知的なデスクワークといったイメージがありますが、制作の現場では長時間の集中と迅速な作業、なおかつ正確で間違いのないクオリティが求められるため、意外に体力の必要な仕事でもあります。校正を辞めたいと思うタイミングの一つとして、自身の体力や集中力の衰えに不安を感じる時があります。

 

 長時間机に向かうのが辛くなった、集中力の持続時間が短くなり、作業が長くなるほど見落としも多くなってきた、等の具体的な支障をきたすようになり、引退や退職の潮時を考えるようになることがあります。経験を積めば積むほどスキルの向上が期待できる校正という仕事ですが、高齢化によって体力・集中力が衰えることは避けられず、生涯現役でいることの難しい職でもあります。

 

  • 経験を積むほどスキルが高まる一方で、高齢になるにつれて体力や集中力の低下で作業の品質が落ち、退職を考えることも。

 

品質事故などで責任を感じた時

 校正者として長く勤務していくうえで直面する可能性が高いトラブルとして、品質事故の発生があります。様々な要因や原因で起こりうるものですが、校正の見落としや作業ミスに起因する事故は作業担当者の責任が厳しく追及される問題となります。

 

 集中力の欠如や先入観による見落とし、短納期対応のためのクオリティ低下、修正指示そのものの誤り等々、多様な原因が考えられますが、製品の性質によっては損害額が拡大する恐れもあり、個人でカバーできる範疇を大きく超えてしまうこともあります。そのような状況に陥った時に、引責の意味を込めて校正者を辞めようと考える人も少なくありません。

 

 しかし品質事故は誰か一人の責任のみで起こるものではなく、企業やチーム全員で対応すべき問題であるため、事故原因の調査や対策も含めて二度と同様のトラブルを起こさないための貴重なノウハウを手にするチャンスでもあります。取引先に対しても、誠意ある的確な対応を心がけることが肝要であり、ピンチをチャンスに変えるためには引責辞任が必ずしも適切とは限らないことを念頭に置きましょう。

 

  • 品質事故が理由で退職を考えるケースも多いが、原因究明と対策を講じてミス再発に務め、取引先にも誠意ある対応をすることが大事。

 

本記事は2016/03/28の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する