校正者の独立・フリーランス

職業:校正

298views

imasia_6390571_M_R

 

独立しやすい校正職

 校正は赤ペン一本で自宅でもできる仕事、というイメージが印象付けられ、代表的な在宅ワークの一つとして伝統的な人気を誇っています。作業の性質からも実際に自宅をオフィスとして個人事業主として校正を行う専門家や、家事の合間に作業時間を確保して在宅勤務する主婦の方など、フリーランサーとして働きやすい職業でもあります。

 

 しかし印刷物の内容には機密性を保持すべきものが圧倒的に多く、いきなりフリーランスの校正者として独立することは簡単ではありません。校正者が独立するためにはどのような方法があるかを紹介します。

 

  • 校正は在宅でも作業ができ独立もしやすいが、フリーランスとして活躍するには相応の経験やキャリアが必要。

 

企業に所属し、在宅勤務へと移行する

 最も確実な方法として知られるのが、企業の校正部門で一定期間勤務したのちに業務委託を受けて在宅勤務へと移行することです。これは女性の校正技術者にも多く見られるパターンで、結婚や出産を機に通常勤務が困難となった校正者に継続して業務に関わってもらう手段としても用いられます。

 

 それまで出社して行っていた作業を在宅で行うというスタイルですが、実績と信頼を獲得した人材に依頼することからスムーズに独立できる事例です。ただし、企業から信頼されて在宅勤務を許可されるには一朝一夕の経験では困難であり、着実なキャリアの積み重ねが必要となります。

 

  • 企業の校正部門に勤務して実績と信頼を得たのち、在宅に移行する方法が最も確実。

 

在宅校正者を抱えるプロダクションに在籍する

 校正プロダクションのなかには大量の作業を効率よくこなすため、在宅校正者を常時募集しているところがあります。このようなプロダクションに所属することで校正の仕事を受注し、フリーランサーとして独立するという方法があります。

 

 ただし、そういった場合にはプロダクション側から校正者としての経歴や実力を問うテストが課されることが多く、ハードルは高めに設定されているのが一般的です。また、生計を立てるためには一社との契約だけで事足りることは少なく、複数の案件を同時にこなして収入を確保するのが普通であるため、ハンドリングの能力も必須となります。

 

  • 在宅校正者を抱える校正プロダクションに所属する方法もあるが、ハードルは高め。

 

クラウドソーシングでチャンスを広げる

 近年急速に普及してきたクラウドソーシングでも校正の案件が増加しています。ネット上の取引で仕事をできるこのスタイルは、PC環境さえ整えば場所も時間も選ばないため、校正者を含めたフリーランサーとしての独立機会を大幅に広げています。

 

 校正の案件では初心者や業務未経験者でも応募できる作業が豊富にあり、これらを通して経験値を上げ、キャリアを積み重ねるのにも有効な方法です。

 

  • クラウドソーシングで未経験者でも可能な案件をこなして経験を積む方法も。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する