校正の勤務時間・残業・休日

職業:校正

263views

imasia_1025102_M

 

校正職は多忙な部署

 校正は、制作部門などで作成されたデータや出力物をチェックし、不備があれば指示を書きこんで返却し、再びチェックをかけるという作業の繰り返しとなります。

 

 取り扱うものによっては短納期で至急対応が必要な場合も多く、締切が決まっている状態だと制作部門の作業完了を待たなくてはならないため、極めて多忙な部署の一つとなります。さらに業界独特の繁忙期が定期的にやってくることもあり、そのような時期には休日返上での作業となることも珍しくはありません。

 

校正の勤務時間と残業・休日出勤事情

  • 勤務時間は通常フルタイム、繁忙期以外でも残業は多め

 制作物の回転スピードが早まっている現代の印刷・出版・広告などの業界では、作業量の増加に伴って残業時間も長くなる傾向にあります。校正部門は制作の最終工程に位置付けられていることが多いため、データを作成する部門より早く退社することは難しいのが普通です。

 

 したがって残業時間が最も多くなる部署でもあり、納期に間に合わせるために迅速な作業が要求されることも多くなっています。このように、職掌の特質上、校正職は長時間勤務となりやすいことを把握しておきましょう。

 

  • 繁忙期は休日出勤も必要

 校正の作業量が多くなる繁忙期では、休日に出勤して対応する必要が生じることも珍しくありません。しかし労働基準法の制約があるため、代休取得などで調整が行われることが多く、期間限定での対応となることが一般的です。また、そのような時期には限定的な増員などでアルバイトや派遣社員の手助けを得ることが多く、チーム全体で作業を分担することとなります。

 

 高度な集中が必要な校正という仕事では、疲労の蓄積などによる集中力低下が品質事故を招く恐れがあるため、ローテーションによる休憩時間の確保や、定期的なノー残業デーの導入などで対応する企業も増えてきています。

 

  • 校正職は多忙のため長時間勤務になりやすく、繁忙期は休日出勤の可能性もあるが、期間限定の増員などの対応を取ることが多い。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する