校正の需要と将来性

職業:校正

738views

imasia_291078_M

 

校正の需要自体はピーク時から大きく減少

 校正職への転職を目指す場合、最初に理解しておかなくてはならないのは校正そのものの需要はかつての状況からは大きく減少しているという点です。それには印刷や出版に関わる作業環境がコンピュータの進歩と普及によって劇的に変化したという背景があります。

 

 文字情報をメインとした媒体が活版印刷で行われていた頃には組版に手間がかかり、ヒューマンエラーの確率も大きく、作業工程やチェック工程も多岐にわたったため多くの校正者が必要とされていました。ところがコンピュータ上で組版データを作成できるDTPの普及や、電子データからそのまま印刷が可能なCTPの登場などで制作や印刷の工程が簡素化され、校正者の絶対数もピーク時からは大きく減少しているのが現状です。

 

  • 印刷や出版技術の進歩により工程が簡素化され、必要な校正者の絶対数は大きく減少している。

 

レベルの高い校正技術者は貴重

  • 少ないからこそ、校正技術者は貴重な存在

 しかし裏を返せば、校正者の絶対数が少なくなっているということは一人一人の人材の希少性が高まっているということでもあります。現に、校正部門を必要とする企業はいまだ多く、優秀な校正者を確保して品質事故のリスクを低減することが課題の一つでもあるのです。

 

 また、校正者が少なくなっていることから若い世代の専門家が育ちにくく、世代交代に四苦八苦する企業も少なくありません。校正技能のスペシャリストとしての需要は、少ないながらも今後も絶えることはないとするのが業界の所見であり、貴重な技能として継承・発展が望まれています。

 

  • 世代交代により、将来性も期待できる

 長い経験が大きな武器となる校正職では、多くの企業でベテラン技術者が作業にあたる傾向が見受けられます。しかし団塊世代の大量退職や相対的な高齢化の進行によって、若い世代への技術の継承と次世代のチーム編成を急務としている企業も多いのが実情です。したがって、若年世代での校正者は貴重な人材であり、求人数以上に人材確保が難しくなってきている昨今では逆に将来性を期待できる職業でもあります。

 

  • 校正職の技能は大変貴重であり、ベテラン世代の退職に伴い若手の校正技術者に寄せられる期待は大きい。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する