契約社員の校正の求人

職業:校正

95views

imasia_13169571_M

 

増加傾向にある契約社員の校正の求人

 相対的に増加傾向にある校正の求人案件ですが、正社員案件と同様に契約社員という待遇での採用事例も目立つようになりました。契約社員とは無期限雇用が原則の正社員とは異なり、半年や1年といったターンの有期雇用契約を結び、待遇もボーナスが正社員の半額であったり、福利厚生や諸手当が正社員とは異なったりする代わりに、限定的な業務に従事するという雇用形態を指しています。

 

 校正という職業では、企業によってはある種の作業に特化することが求められるため、人件費の問題からこういった契約社員を主な戦力として採用する場合があります。

 

  • 校正職は特定作業に特化する場合も多く、経費等の問題から契約社員を主戦力として採用することもある。

 

定年後のベテラン技術者の受け皿としても機能

 契約社員という雇用形態を校正の転職事例として見た場合、定年後の継続雇用や、関連する他業種からの転向という形で経験豊富な人材を確保する方法として捉えられています。

 

 例えば定年まで校正者として勤務し、その後に契約社員として残留しさらに数年勤続する、あるいは編集者や記者などの業務経験を活かして定年後に契約社員として校正者になる、などのパターンがあります。企業側としては腕のいいベテラン校正者を確保することができ、求職者側も定年後の継続勤務を希望する場合には双方にとってメリットとなります。

 

  • 校正のほか、編集や記者などの経験者が定年後に契約社員として雇用されるケースも。

 

若年世代ではトライアル期間として契約社員になることも

 一方、若年世代が校正者として契約社員になる場合は、十分な経験を積んで業務に習熟するまでのトライアル期間という位置付けがなされることもあります。そういった場合には一定期間経過後に正社員へと登用され、業務の中核を担うことが期待され、実務に従事しつつも研修期間として機能させる方法でもあります。

 

 校正業務の成果は数値目標などで捉えることが難しく、経験則と実務上の評価がすべてといっても過言ではないため、契約社員という期間は双方に有益な待遇として注目されています。

 

  • 若年層では、正社員登用を前提とした試用期間として契約社員雇用を設けるケースもある。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する