人事の独立

職業:人事

65views

imasia_15467153_M_R

 

専門の採用コンサルタント

 優秀な人材の確保を目指して、企業は熾烈な競争を繰り広げています。

 

 採用の質の向上を図ることは、今後ますます企業活動における重要なファクターになります。そこで企業が、専門の採用コンサルタントに採用業務を一括して依頼するケースが増えてきています。今後は、独立系の採用コンサルタントの市場競争も激しくなるため、独自性が求められるようになります。

 

 例えば、「理系や体育会系の採用」などの特定の分野に特化した人材獲得戦略を提案できることや、学生の心をつかむための会社説明会の企画設計などです。もちろん、求人票の作成や求人媒体社との打ち合わせなどの対応、面接などの接待やスケジューリングなど、基本的な事務手続きの代行業務も含めて一括して受託出来ることが最適です。

 

 企業をいかにアピールし、「企業の将来を担う人材の確保」を支援するという、とても重要な業務になりますので、企業やその担当者と信頼関係を構築することが前提となります。

 

  • 採用コンサルタントに採用業務を一括して依頼するケースが増えている。

 

社会保険手続きや労務管理業務

 人事の保険や税金に関わる業務は、一定時期に業務が集中することもあり、外部へ業務委託するケースが多いものです。

 

 業務内容としては、社会保険や労働保険などの書類作成や届出をはじめ、それらに関する帳票類などの社内書類やデータの整備があげられます。社会保険労務士の資格を取得することが前提で、また労働法の知識もあることで労務管理に関する相談などを、顧問として受けることも可能となってきます。

 

 それ以外にも、給与や賞与の計算業務などの事務代行業務から、就業規則の作成や説明会の開催、また労務管理に関わる知識や情報を提供する管理職対象の研修まで、幅広く提案することができます。これらの業務も企業の機密事項や個人データを扱うために、企業との信頼関係を気付くことが重要となります。

 

  • 保険や税金に関わる業務は、外部へ業務委託するケースが多い。

 

人事コンサルタント

 人事の仕事の中でも、最も経営に近いハイレベルな業務が人事コンサルタントです。業務内容としては、組織的且つ人事的な経営課題の発見と改善、組織の構造改革や人事制度の変更などのテコ入れ、社員のモチベーションの向上を図る対策などです。

 

 その企業や業界を知り尽くした人事でこそ、その役割を担えると考えられる一方、企業の変革を図る際には客観的な視点でのアドバイスが必要なケースも多くあります。他社事例や異業種の知識や情報を持ち合わせていることが、独立する上での価値になります。

 

 もちろん会社員時代の実績が最も重要になります。大手企業の人事経験者であれば、その経験と肩書きだけで顧問契約が取れる可能性が高くなります。そうでない場合は、まず現在勤めている企業で、できる限り人事制度改革や組織の活性化に関する業務に携わることです。

 

 短期の社内プロジェクトの結成などは大きなチャンスで、組織横断型のチームを取りまとめるリーダーとして経験することが、後々のスキルやアピールポイントになります。また経営視点を持つ意味では、中小企業診断士の資格は独立する際にひとつの武器にはなりますので、取得することをおすすめします。

 

  • 最も経営に近いハイレベルな業務が人事コンサルタント。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する