病院の経理求人

職業:経理

546views

imasia_14360738_M

 

医業における経理事務のお仕事

 病院の経理というとまず思い浮かぶのがレセプト計算です。レセプトとは医療費の請求書のことで、病院が健康保険などの報酬を公的に請求するための明細書のことです。またレセコンは、診療報酬の算定・請求をするためのレセプトデータを登録する機器のことです。経理担当者としては一通り知っておきたいのが、これを含む医業で使われる専門用語です。

 

 レセプト計算というと、医療事務担当者が手続きを行うことが多いですが、事務スタッフが少ないと経理と兼業になることもあります。普段の経理業務や入金・出金処理、また請求書の発行や支払いに関しては、他の経理業務と変わりません。患者への請求漏れがある場合でもレセコンですぐに分かるので、残高が合わない場合など、その原因を突き止めることが可能です。

 

  • 病院において医療事務スタッフが少ない場合などは、経理担当者がレセプト計算などを行う場合もある。経理担当者は医療業界独特の用語や仕組みを学ぶ必要がある。

 

病院経理の注意点について

 病院には、製薬会社や医療器具・医療機器レンタル業者、患者やその他医療関係者が出入りし、毎日の取引が多くなっています。そのため、病院経理では、一日一日の取引を確実に、また正確に記帳することが大切になってきます。

 

 請求書の紛失や請求漏れ、支払い漏れなども病院では起こりやすいので、担当部署とよく連携を取って漏れが無いようにダブルチェックしながら会計処理を行います。いまは事務業務をアウトソースしている病院も増えていて、管理業務の連携や責任の所在が曖昧になるケースもあります。毎日沢山の取引が発生する中で、正確さと迅速さが常勤経理スタッフには必要とされています。

 

  • 病院では様々な取引や出入りがあるので、各担当部署としっかりと連携をとってミスの無いように経理業務をすすめていく必要がある。

 

医療法人のメリットと税金のことなど

 医療法人は、他の社会福祉・公益法人のように、税制のメリットが大きいように見えます。たしかに医療法人は一般法人のように余剰金の配当などはしませんが、公益法人のように非課税にもなりませんし、学校法人のように法人税率が低くなることもないです。社会医療法人を除く医療法人は、法人税等の税制面では営利法人と同じです。

 

 ただし、特定医療法人になった場合は、法人税や相続税の減免を受けることができて、また個人経営の病院や診療所の場合は医療法人を設立しておけば、法人の資産が個人の資産と分離でき、効率よく経営ができるという利点があります。

 

 個人病院を含め、医療施設に勤めたら、その特殊な経理内容だけではなく、税金のこと、また法人化によるメリットなども考えて日々の業務をこなしていくと、将来大きなスキルとして役に立つことがあるでしょう。将来、医療法人だけではなく、学校法人や公益法人などに勤める計画がある人は、税制の面での違いなどについても個人で勉強しておくと良いのではないでしょうか。

 

 これからの高齢化社会で、専門知識のある病院経理のスキルはますます必要とされるようになっています。将来のことを見据えて、病院経理のプロフェッショナルになれるように、日々の業務でその腕を磨いていきましょう。

 

 年収レベルは、基本的には私立・民間病院のほうが高い傾向にありますが、国立や公営病院の場合、ボーナスや福利厚生などでのメリットもありますので、年収だけではなく様々な条件を比較して、転職先を選ぶのがスマートなやり方でしょう。職場環境が良く、残業なしの職場なら、多少お給料が控え目でも検討の余地はある筈です。

 

  • 医療施設は税制面などで特殊な場合も多いので、そういったことも勉強していくと病院経理のプロフェッショナルとして将来的に役立つことがある。

本記事は2016/03/24の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する