経験者歓迎の校正の求人

職業:校正

70views

imasia_9729813_M

 

校正の転職は経験者が理想的

 校正の求人案件のほとんどは、経験者を歓迎しています。というのも、細かいルールの違いはあれど校正作業の基本事項は全国共通であり、他社での業務経験がある人材は即戦力として現場に投入できるためです。ハウスルールや扱う情報の特性など、最低限のレクチャーで業務に対応できる可能性が高く、その後の仕事の修得も早いため、経験者は重宝されています。

 

 校正で取り扱う情報媒体には様々なものがあり、書籍やカタログ、広告チラシや商品パッケージなど多岐にわたりますから、転職に際しては、自身の経験が今後どのように業務に貢献できるのかを論理的にアピールすることが必要となります。

 

  • 校正作業の基本はどの会社でも同じで、細かいルールや扱う媒体の特性を把握すればすぐに戦力となれるので、経験者は歓迎される。

 

経験者の落とし穴、「こだわり」に注意

 即戦力として期待され、採用段階でも優遇されることの多い経験者ですが、経験があるからこそ引き起こされるミスマッチというものもあるのです。それは校正者としての「こだわり」です。

 

 例えば前職で取り扱った媒体では版面のレイアウトや体裁を厳しく整えていたのに、次の職場では第一優先事項が別のところにある、などといったことが挙げられます。厳しく叩き込まれた仕事の進め方は時として強いこだわりとなって校正者の習性となり、「原稿はかくあるべき」というプライドをつい押しつけてしまうことがあるものです。

 

 経験を持って転職する場合、新しい職場ではどのような事項を優先するのか、十分に把握して業務にあたることが肝心です。そのうえで、過去の経験を活かした提案という形で意見具申をしていけば先輩社員や他部署の人たちとの連携もスムーズに進みます。

 

  • 前職の仕事の進め方にこだわり過ぎず、現職のやり方を把握して柔軟に対応することが重要。

 

経験は大きな武器になる

 校正経験有りで転職する場合、面接の際にはどのような情報媒体を取り扱った経験があるのか、また、どのようなパターンを得意としているのかなどを十分にアピールしましょう。できれば品質事故を未然に防止した例を、ミス発生の経緯を踏まえてどのように対応したのかまで説明できるようにしておくと良いです。企業側は求職者の校正スキルをはかる指標として、理路整然と説明できる能力を有していることを高く評価します。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する