製造業・メーカーの経理求人

職業:経理

97views

imasia_14315913_M

 

経理・会計の醍醐味、管理会計と工業会計

 製造業・メーカーの経理では、管理会計や工場会計が大事になってきます。本社で行われる財務・会計業務と同じくらい、実際に製品の製造を行っている工場での原価計算や管理会計は、製造業にとっては生命線です。ただし、簿記会計を専攻した学生でも、管理会計や工業簿記を苦手としている人は多いものです。製造業のなかには、新卒で採用した人材をまず地方の工場に送り、徹底的に工場会計を覚えさせるところもあるといいます。

 

 企業規模がかなり大きい場合には、工場の会計を本社から独立させることもあります。そうなると製造活動にかかわる記録はすべて工場で行うことになり、一定の権限も持つようになります。「一度工業会計を担当すれば、メーカー・製造業では転職には困らない」と言われる事がある程、この分野の人材は不足がちです。将来のことを考えて、若いうちに工業簿記会計を現場で体験するのも、将来のスキルアップに繋がります。

 

  • 製造業においては、財務・会計業務と同様に、製造活動を数字に落とし込む管理会計や工業会計が重要になってくる。この分野のスペシャリストは人材不足気味なので、製造業の転職市場では重宝される。

 

安定した職場で、専門知識を身につける

 管理会計はコンセプトが世界共通であり、また管理会計の人材が常に求められている事もあり、英語力さえあればグローバルに活躍できます。長引いた景気後退の影響もあり、日本の主な製造業はすでに海外に工場を移していますが、優秀な人材は国外で駐在員として、工場長や経理マネージャーとして活躍することになります。

 

 製造業はとくに大企業ならかなりの年収を保証されますし、専門性も高いので、転職先としてはおすすめの職場です。実際に働きながら、専門知識を身につけることができる点、またある程度給料や職場環境が安定している点が長所になります。浮き沈みの激しい業界よりも、製造業は長く働きたい人に向いているでしょう。国内企業なら、比較的終身雇用制度や年功序列のようなものが企業カルチャーとして残っているところも多くあります。

 

  • 管理会計の知識・経験と英語力があれば、海外で活躍する道も開けてくる。大きなメーカーであれば、年収も高く、比較的安定している会社が多いので、長く働きたい方にはオススメの職場と言える。

 

将来性を見込んでメーカーへの転職を成功させよう

 製造業の業績に最も影響するのは当然売上なのですが、基本は「どれだけコストカットをして利益率を上げていくか」がキーになります。固定費・変動費などを見直し、損益分岐点などでの管理会計分析は欠かせません。適切なタイミングに設備投資も行うべきですし、その上、借入金などの財務活動も適切に管理されるべきです。仕入価格の変動リスク、為替リスクなどにも備えておかなければなりません。

 

 円安によって為替差益が出るメーカーもあれば、その分、為替差損が出るメーカーもあります。原料の高騰によって相次ぐ値上げを発表している食品業界、反対に原油安によって、仕入コストが減り、過去最高益を計上しそうな化学メーカー、重工業、機械産業も多いです。

 

 それぞれの将来性を見極めて、メーカーへの転職を成功させましょう。世界に誇る有名メーカーだけではなく、日本の中小メーカーのなかには、優れた技術や製品をもつ企業が数多くあります。そんな企業の一員となり、世界に一緒に羽ばたいて行くのも魅力的ではないでしょうか。

 

 製造業は華やかさこそありませんが、確実に経理スキルを身につけることができますし、ある意味で長い目で成長を見守ってくれる環境があります。そのため、安定した経理・会計の仕事を求める人は、日系または外資系のメーカーの転職を考えましょう。

 

 外資系メーカーは、本社へのリポート作成はすべて英語になりますが、基本コンセプトは同じなので、英語での勘定科目や会計基準の多少の違いを覚え、なおかつ日系メーカーでの業務経験があれば、だいたい仕事をこなすことができます。

 

  • 安定した経理・会計の仕事を求める方は、日系・外資系問わずメーカーへの転職がオススメ。また、そのメーカーの属する業界や会社自体の将来性も見据えて転職活動をすると良い。

本記事は2016/03/24の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する