校正者に転職しやすい職業

職業:校正

311views

imasia_6379364_L

 

他職種との関連分野が多い校正職

 校正職は、他職種とも大いに関連する幅の広い仕事です。例えば情報媒体を制作するDTPオペレーターや、文章を作成するライター、そして記者、または実際に印刷工場で印刷物を製造する技術者など多くの職種と隣接しています。したがって、これらの関連職からの転向という形で校正者に転職する人も多いのです。

 

校正者への転職事例

  • 編集者からの転職

 他職種から校正者へと転職する事例で多いのが、編集の経験者です。書籍や雑誌、カタログ等々の情報媒体を作成するために欠かせない職業ですが、自身も一部執筆をこなしたり校正・校閲の要素を含むチェック作業を行ったりと、校正者の職掌と互換性のある業務内容となっています。したがって編集出身の校正転職者も多く、制作の現場の流れを把握しているためスムーズに移行できる好例です。

 

  • 記者からの転職

 新聞や業界紙の記者から校正者へと転職する事例も多く見受けられます。このような業務経験のある人材は、自身が「書く」立場であったため校正作業にも抵抗なく対応し、ライティングの能力を実作業に活かすことが期待されます。また、比較的高齢であっても企業側が歓迎するスキルであるため、定年後に校正者として第二の人生を歩む記者も少なくありません。

 

  • 印刷オペレーターからの転職

 印刷工場の現場で機械操作に従事した経験を持つ印刷オペレーターも、校正者として転職することが多い職種です。印刷物という現物を実際に扱い、色味や刷り上がりといった技術的な視点からのチェックができることは大きな武器となっています。色校正や検版などのプロフェッショナルとして、校正の現場でも活躍できるスキルを有しているため、より現場に近い検査部署で必要とされる人材です。

 

  • 制作の流れを把握している編集者、書くことを職業としてきた記者、印刷物の技術と知識を持つ印刷オペレーターなどから校正職に転向するケースが多くみられる。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する