校正の転職と職務経歴書

職業:校正

225views

imasia_13347403_M

 

校正の転職では職務経歴書が重要

 転職の場合には履歴書に加えて職務経歴書の提出がポイントとなります。これまでにどのような業務に携わってきたのか、またそれを通してどのようなスキルと経験を身に付け、新しい職場でどのように活かすことができるのか等々、採用する企業側にとっては履歴書そのものよりも関心を払うアイテムとなる場合があります。

 

 校正者として転職する人にとっても職務経歴書はとても重要な書類となります。なぜなら、企業は校正者としての能力をはかるためにこそ職務経歴に注目するからです。他社で校正の経験があればどのような媒体をどう扱ってきたのか、また、校正業務未経験であれば、それまでの経験がどのように校正へと発揮されるのかという点を細かく検討されます。したがって、職務経歴書こそが校正者への転職を成功へと導く鍵となるのです。

 

  • 校正の経験やスキル、過去の業務がどのように活かせるか等を判断されるため、職務経歴書は重要。

 

職務経歴書の書き方で校正者としての適性をアピール

 職務経歴といっても、単純にこれまでの経験を羅列するだけでは企業の関心を惹くことはできません。どういった職務経験でどのようなスキルを得て、そしてそれを校正業務に今後どのようにして活かしていくかという展望とストーリーを提示する必要があるのです。

 

 企業側は、校正者として最初から完成された能力を求めているというよりは、入社後も持続的にスキルを向上させ、品質事故防止に貢献してくれるような人材を求めています。つまり、校正能力はもとより、あらゆることから学習して自身の能力を高めていくポジティブな姿勢をもった人材を高く評価するのです。

 

  • 習得したスキルや経験が次の職にいかに活用でき、恒常的に自己研鑽に励む姿勢があるかが確認される。

 

職務経歴書の体裁と、誤字・脱字に注意

 当然の話ではありますが、職務経歴書には誤字・脱字があってはならないことを再度肝に銘じましょう。校正者という誤字・脱字を指摘しなければならない職業を目指す人材として最低限の条件として厳しくチェックされます。

 

 また、文字情報だけではなく、それらのレイアウトなども統一的に、しかも見やすいような工夫をすることが必要です。校正作業では版面のレイアウトなどにも言及するため、そういった事項への配慮も示すことで、校正者としての資質をアピールすることができるのです。

 

  • 誤字脱字がないことが大前提。統一された見やすいレイアウトもアピール材料になる。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する