校正の仕事内容

職業:校正

277views

imasia_8231907_M

 

原稿作成時の間違いや不備を正す

 「校正」とは、あらゆる情報媒体の制作段階で原稿が指示通りに修正されているか、あるいは誤った表記や不適切な表現、事実とは異なる情報が掲載されていないかどうかをチェックする作業のことです。

 

 原稿が最初から完璧な状態で仕上がることは稀有であり、制作の途中で様々な加筆・修正が繰り返されるのが一般的です。しかしそのような処理はほとんどの場合、オペレーターによる手作業であるため、ミスリードや思わぬ不備が発生することも少なくありません。したがって、それらの変更が指示通り正確に修正原稿へと反映されているかどうかのチェック機構が必要となり、それを担うのが校正なのです。

 

  • 校正とは、制作中の加筆修正が正しく反映されているか、誤字脱字や表現・情報の誤りがないかをチェックする作業。

 

校正作業の具体的な手順とは

 原稿は通常、一回ごとに「校」と呼ばれる単位で扱われ、最初のものを「初校」、次を「再校」または「二校」、以降は順に三校・四校・・・と呼ばれます。原稿への加筆・修正はこの「校」をひとつの区切りとして行われ、その指示は赤ペンなどで書き込まれることが多いため、それらをまとめて「朱書き」や「赤字」などと呼ぶのが通例です。

 

 校正はこれらの朱書きが次の校に正しく反映されているかをチェックするのが主な使命であり、初校に指示された内容が正確にフィードバックされているか、再校の原稿と照合していく作業を行います。そこで初校の指示が再校に反映されていなかったり、誤った加筆・修正を行っている場合などは、専用の「校正記号」を使用して正しい内容を赤ペンなどで再校原稿に書き込みます。

 

 同様に再校から三校、三校から四校、といった手順で校正を行い、最終的に印刷物やデータとして流通できる状態になるまでこの作業が続けられます。

 

  • 「校」を区切りとして、前回の修正・加筆が反映されているか、誤りがないかを確認する。

 

文字だけではない、バリエーション豊かな校正作業

 校正を必要とするものは書籍などの文字原稿だけではありません。例えばカタログや広告チラシなど、商品画像やイラスト等が多用される媒体についても、それらの画像データが正しく配置されているか、または併記されている説明文やキャッチコピーと内容が合っているかどうかなども重要なチェック項目となります。

 

 また、実際に印刷した場合、色調が指示通りに再現されているかどうかをチェックする「色校正」と呼ばれる作業が必要となることもあります。色見本となるカラーチップとの目視照合や、専用の器材を使用しての濃度計測、または複数の色を混合したカラーについてパソコン上でそれらの比率が指示通りであるかを確認するなどの作業も行われます。

 

  • 画像データの配置や併記文章との内容照合、色校正などを行うことも。

 

校正によく似た作業である「校閲」との兼務も

 校正では言わば「間違い探し」のような要領での作業が必要とされますが、例えば修正指示のない文字原稿を読み、誤字・脱字や助詞の用法違い、あるいは内容そのものの不備を指摘することを求められることもあります。このような作業を「素読み校正」といい、十分な知識と経験が必要とされることから校正の中でも難易度の高い作業の一つとされています。

 

 このように原稿そのものの内容にまで踏み込んでチェックする作業は、校正とは別に「校閲(こうえつ)」と呼ばれており、新聞社や出版社などでは専門の校閲部門が設けられていることがよく知られています。ただし、素読み校正と校閲の境界はとても曖昧なため、企業によって職務内容と呼び名がそれぞれ異なることも珍しくありません。

 

 いずれにせよ、校正は原稿の内容を完全なものとして仕上げるために必要不可欠な、チェック機能を担う作業です。

 

  • 校正と校閲は兼務する場合も多いが、新聞社や出版社などでは別部門としていることも。

 

本記事は2016/03/23の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する