財務業務中心の経理の求人

職業:経理

99views

Businessman analyzing investment charts with laptop. Accounting

 

財務業務に必要な知識と経験

 財務業務とは、企業のキャッシュフローを監視し、資金管理や資金調達、予算などの調整する業務で、企業の経営戦略の根幹である「お金の流れを管理する仕事」と言えます。経理と財務が分かれている企業もありますし、経営戦略室の業務の一環として扱われている企業もあります。

 

 また、債務・債権管理だけではなく、資金運用、そしてキャッシュフローでいうところの、営業活動・投資活動・財務活動を適性にコントロールしたり、どの資金調達が一番効率的かを比較・分析したりする業務も含まれます。

 

 「財務」という職務の解釈は大変広く、経理から経営全般に至ります。明確な線を引けず曖昧な点があるために、それぞれの企業の財務ポジションの業務も多少異なっています。求人案件に応募するときは、その職務が求めている人材や仕事内容をよく読んで、自分がこなせる業務であるかどうかしっかり自己分析、確認しましょう。

 

  • 基本的にはお金の流れを管理する財務の仕事だが、企業によって財務という言葉の使い方が多少異なる。なので、転職時には「その企業が求める財務の業務内容」をしっかりと把握する必要がある。

 

財務業務で優先される資格などはある?

 財務業務も当然、前職での職歴が評価対象になりますが、資格に関しては、経理資格というよりも「MBA」や「公認会計士」といった会計、経営資格取得者が優先されます。これはどちらかといえば、経営や管理業務全般を見渡せる知識を持っている人材を求めていることが分かります。

 

 職務経験としては、一般企業での経験というよりも、監査法人での経験や、コンサルティング業務などを経験しているほうが、転職市場でも強いようです。

 

 企業や経営状態の分析などができる人材が特に求められており、一般企業の財務経験者では、就業年数が長くても、財務に関する仕事では、ややつぶしが効かない部分もあるようです。ただし、難関資格をもっていれば、その分転職のチャンスが広がりますし、M&A業務を中心に行ってきたなど職歴に強みがある場合は、その強みを活かして転職すると良いでしょう。

 

  • 財務の求人においては、経理というよりも経営や管理業務全般を見渡せるような人材が必要とされていることが多い。また、監査法人やコンサルティング業務経験のある人が転職市場でも強い。

 

財務求人は条件の良いことが多い

 財務の仕事は、外資系を中心として高給な仕事が多数あり、財務経験や企業が求めるスキルや資格を持っている人は、転職は比較的容易な専門職です。経理業務より経営陣に近いポジションですし、ときには分析力を発揮し、経営戦略や財務戦略などを進言できる、非常に重要なポジションでもあります。

 

 銀行との折衝業務や有効な資金運用プランなどを提案でき、資金を有効に回す事が出来る人材、一般スタッフからマネージャーまで、そのポジションのレベルによって年収は違いますが、経理・会計の仕事のなかでも財務はとくに専門性が高く、スタッフレベル、また当然マネージャーレベルでもお給料が高い傾向にあるポジションです。

 

 財務の仕事は、常時市場での需要があるので、求人サイトや転職エージェントなどの求人情報をみながら、条件のよい転職案件に応募してみるのもいいでしょう。チャンスを掴んで、理想の転職が実現できるかもしれません。

 

  • 財務の求人は、外資系企業などを中心に好条件のものが多い。もちろん、必要となってくる職歴や資格もハードルが高いが、それらを満たしているのであればステップアップとして転職をするのも有効。

本記事は2016/03/18の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する