買掛金管理メインの経理の求人

職業:経理

155views

imasia_9796401_M

 

買掛金や支払い業務メインの経理の仕事

 経理の仕事のなかで、買掛金管理や支払い業務の仕事も大変重要です。外部業者や取引先から発行された請求書をまとめたり、決められた期日までに支払ったりする業務の他に、内部向けのの業務として給与振込などの業務も入ってくるので、外部向けだけではなく、会社内部向けの仕事としても重要性が高いです。

 

 もちろん、最近は支払い業務も外部委託する企業が増えてはいます。ただ、滞り無く支払い業務をこなし、期日までに買掛金の精算や、口座内の資金の管理をすることは、一つの専門業務といってもいいほどです。

 

 経理の仕事のなかでも、買掛金管理メインの仕事、特にそれぞれの経理業務が独立している大企業では、未だに支払い関連の求人が多いです。ただし、コストカットや業務の効率化に伴って、部署を統合したり、売掛金、買掛金両方を担当することになったり、これらの業務を外部委託する企業も増えています。職務に慣れている人は、そうした委託サービスを行っている企業に採用されるケースもあります。

 

 買掛業務の全アウトソーシングや一部アウトソーシングだけではなく、場合によっては在宅スタッフの利用もできるので、買掛金管理や支払い業務ができる人材を、企業が必ず雇う必要性はなくなっているのです。繁忙期だけスタッフを一時採用するなど、選択肢が広がっているのが現状です。

 

 また、営業事務の分野で買掛金業務を扱うこともあります。仕入計上した後の、支払い金額と請求書をマッチングさせる業務などは、本来営業担当者ごとに責任を持って管理するべきものです。経理職と現場担当者のダブルチェックで、取引のミスや重複、支払いの漏れを防ぐことができるでしょう。

 

  • 大企業などでは買掛金管理・支払メインの経理の求人もまだ多い。しかし、最近ではそれらの業務のアウトソーシング化や、スポット的なアルバイト等の雇用で対応するケースも増えている。これに伴い、これらの職務に精通している方はアウトソーシング会社などでの需要が高まっている。

 

期日を守って取引先に迷惑をかけないようにすることが大切

 買掛金や請求書の支払い手続きについて、特に注意しなければいけない点は、取引先と取り決めた支払い期日を過ぎてしまった場合、遅れた期日分のペナルティがつく可能性がある点です。支払日に適切な処置が行われなかったり、請求書の未着や、担当者の提出忘れなど、様々な原因が考えられますが、その金額が大きければ大きいほど、取引先に迷惑をかけることになります。

 

 場合によっては債権回収業者に委託されて、取り立てられることにもなります。ダブルチェックをしたりして、そうしたミスを日常から防がなければなりません。大事な取引先を失わないために、期日を守って、金額ミス等がないよう、支払いの内容に慎重に買掛金業務や支払い業務をこなしていくだけの注意力が必要でしょう。また、支払いに十分な残高が銀行口座にあるかどうかの確認、もしくは随時バンクリコンシリエーションなどをして、取引高と実際有高を常に監視しておくといいでしょう。

 

 また、買掛金業務中心の求人は転職サイトなどで沢山出ています。既に買掛金や支払い業務担当の経験がある人は、ぜひ転職の際にその経験を役立てて、より年収の高い、またレベルアップしたポジションに応募してみてはいかがでしょうか。

 

 買掛金業務は簡単に見えて、企業の信用にもかかわる非常に大切な業務です。大企業なら、一回の取引で数千万円~数億円が動くこともありますので、慎重な支払い業務またファームバンキング業務などに慣れている人材が必要とされています。資金管理を扱う業務にも明るいとさらに良いでしょう。

 

  • 買掛金業務では期日管理をしかっりと行い、支払いミスもおかさないことが必要。求人自体は転職サイトで検索すれば出てくる。

本記事は2016/03/18の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する