管理職・コントローラー・CFOなどエグゼクティブの経理求人

職業:経理

106views

imasia_16621067_M

 

多くの企業から高い評価を受けるエグゼクティブ人材

 ある程度の職歴と実務経験があり、マネジメントや管理職の経験もある経理・会計・財務の人材は、転職市場でも人気があります。最近では、そうしたエグゼクティブクラスを対象にした転職サイトを利用する人も多くなっています。

 

 自分の適性年収は実際はもっと高いのではないかと考え、転職も視野にいれて活動を始めている、もしくはすでに数社からスカウトを受けている人もいるかもしれません。

 

 経理・会計・財務の管理職の呼び方は色々あり、「コントローラー」や「マネージャー」「バイス・プレジデント」などがあります。また、「CFO」などの経営陣もこれらのエグゼクティブクラス求人に入ります。ただし、この経営陣とマネージャーレベルの差は大きいものがあり、数字だけしか見られない人と、経営戦略をしっかり立てられる人では、評価が全く違ってきます。ですから、経営陣を目指すのであれば、財務・経営戦略よりの知識もあるとより良いでしょう。

 

 管理職の仕事は、自分なりの目標設定や、目に見える実積や成果を残す事を前提に、全体をまとめ、人材の育成にも注視しなければなりません。マネージャーの力量によっては、組織の士気を高めることも、またはそれぞれのスタッフの能力を適所適材により最大限に活かすこともできるでしょう。

 

 優れた人材は、業種などを超えて活躍できますので、エグゼグティブレベルの人の他業種への転職、または同業種のヘッドハンティングが起こりやすい状況にもなっています。それだけ能力のある人材は、人気が集中する傾向にあります。

 

  • 経理・会計・財務の分野で豊富な実績があり、さらにマネジメントの経験もある方は、エグゼクティブ人材として重宝されている。また、管理職ではなくCFOなどの経営陣を目指すのであれば、財務や経営戦略よりの深い知識も必要になってくる。

 

メリット・デメリットやキャリアゴールを考えて賢い転職を

 転職市場で自分を高く評価する企業にスカウトやヘッドハンティングをされるのは悪い気はしませんし、破格の条件で採用されるのなら断る理由など見つからないかもしれません。しかし、実際にその業務を遂行する能力があったとしても、今以上の激務になったり、責任を負うことになったり、より多くのプレッシャーやストレスを抱えることになるかもしれません。

 

 仕事での成功も魅力ではありますが、それによって失うもの、つまり転職によるメリットやデメリットも冷静に考えて転職活動をしましょう。年収が増え、名声を手に入れることになっても、家族とのコミュニケーションや私生活を完全に犠牲にするようでは、自分が本当に欲しい未来図は手に入らないこともあるでしょう。

 

 仕事と私生活のバランスが取れて、また自分の能力やキャリアゴールにあった転職先が見つかれば、タイミングを見計らって転職するのも悪くはありません。ただその時が来ていないのに高給、有名企業だからと焦って転職するのは失敗のもとです。

 

 「転職が当たり前」「年収アップが当たり前」の時代になったからこそ、転職はとくに注意深くなる必要があります。好条件の裏にはなにか問題があるかもしれず、すべてが手放しで喜べる職場ではないかもしれません。

 

 せっかく今まで築いた現職のポジションも大事なもの。転職の前には、現職の良さもしっかりと認識し、客観的な判断をすべきでしょう。転職した先輩やもと同僚や学生時代からの友人、後輩などの意見を聞き、注意深く将来の転職や身の処し方を考えるべきでしょう。能力があるからこそ、慎重に、そして実力を過信せずに毎日の業務を堅実に、そしてしっかりと行っていくべきでしょう。

 

 昇進やポジションが頭打ちになったり、上司が変わって働きづらくなったりして、おのずと環境を変えたほうが良いというシグナルがあることがあります。このような、「転職のベストタイミング」というものが必ずありますから、焦って決めることは全くありません。その時が来たら、動けばいいのです。

 

  • 給与面などの条件がただ良いからと転職してしまうのは良くない。メリット・デメリット、現在自分が置かれているポジションなどを客観的に考え、最終決断をすることがエグゼクティブクラスの転職では大切。焦らずとも、転職のベストタイミングはやってくることが多い。

本記事は2016/03/18の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する