エステティシャンの悩み・大変なこと

職業:エステティシャン

362views

pixta_22903983_M

 

常に綺麗でいなければならない

 エステティシャンは常に見た目に気を遣わなければならない、気を遣ったほうがよいという一面があります。女性を綺麗にする職業ですから、その技術者側がニキビだらけの顔だったり化粧をあまりせず地味だったり、太っていては説得力がないということです。

 

 元々身だしなみを整えることが好きな人が多いので、特別に会社が指示を出さなくても皆綺麗にしているのですが、そもそも綺麗でいなければならないという無言のプレッシャーがあるのです。常に女性のお手本となるような姿を意識しなければいけません。

 

  • お客様を美しくする職業なので、自分の外見も常に綺麗に保たねばならない。

 

痩身のお手入れの大変さ

 とにかく体力仕事なので、体を壊して退職せざるをえないような事態がしばしば起こります。特に痩身を主に行っているサロンなら、毎日激しいスポーツをやるくらいの覚悟で臨まなければ本当に体が持ちません。1人のお手入れを終えただけで、バケツの水をかぶったような大量の汗をかくこともあります。そのためしっかり食べることも必要です。

 

 学生時代に運動部に属したことがないような人には大変きつい環境です。日頃からの体調管理・食事管理を怠らず、疲れを持ち越さないようにうまくリセットする方法も見つけなければいけません。

 

  • 体力的にきつい仕事で、特に痩身のお手入れは体力の消耗が激しい。しっかり食べ、体調管理も怠ってはいけない。

 

集客活動が大変

 中小規模のエステサロンで稀に見られるのですが、集客までエステティシャンがやらなければならないようなところは本当に大変です。エステとはまったく関係のないような集客や営業の方法を自ら考え、実行しなければいけません。時には街頭に立って通行人に声をかける、いわゆるキャッチをすることもあります。

 

 この方法はエステティシャン本人が直接お客様(になる見込みの人)に声をかけるという意味ではとても効果的で、説得力もあります。しかし、街を歩いている人に突然「エステに興味はありませんか?」などと声をかけても立ち止まってはもらえませんし、配布するティッシュすらもらってくれないことも多いです。そのような環境の中で数時間~終日立ち回り、何十回も無視されながら集客活動をしなければいけないのは心身ともにかなり辛いことです。

 

  • キャッチなどの集客や営業活動まで行う場合は、心身ともに大きな負担になる。

 

本記事は2016/03/18の情報で、内容はエステティシャンとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する