中小企業診断士の経理の求人

職業:経理

273views

imasia_12342605_M_R

 

経理・財務業務にプラスを加えられる中小企業診断士

 一見、中小企業診断士は経理・財務の仕事などに関係ないように見えます。しかし、経理部門においてこの資格が重宝される時代になりつつあります。それは、国際的な企業合併の流れ、M&Aが加速しているからです。

 

 企業では生き残りをかけて、独自の技術があったり、また将来有望な特許をもっている企業を買収したり、業務提携を行うことで世界的競争力を増したりしています。それが一つの経営戦略にもなってきています。そのために、企業の価値などを適切に判断する中小企業診断士が、経理や財務の知識以外のプラスαとして注目を浴びることになったのです。

 

 中小企業の活躍は、日本のこれからの国際戦略としてもとても重要です。独自の技術力を持つなど、個性的な中小企業の能力を最大限に活かし、業績を伸ばしていく、またよりよいパートナーを得るようアドバイスするのも重要な業務です。企業の戦略を考えたり問題を解決するようにコンサルティング業務を行うことは、経験も必要です。すでに十分経験のある中小企業診断士は、企業に勤めるだけではなく、公認会計士や税理士資格と組み合わせて、独立も可能でしょう。

 

  • 中小企業の経理部門において、中小企業診断士資格保有者のプレセンスが増している。その資格を活かして、経理・財務にプラスをもたらすことが期待されている。

 

経験豊富な中小企業診断士は企業からの引き合いも強い

 財務や経営コンサルティング、経営戦略業務のポジションを任せられる人材として、中小企業診断士の資格があるとより信用が増します。企業としては、もちろんこちらから買収をしかける場合もあれば、買収されないように対応策を練ることも大事です。M&Aが必ずしもお互いが納得して、Win-Winのケースばかりでは無いのは、皆さんも良くご存知でしょう。

 

 財務、会計、経理、経営戦略等の実務では、企業の信用度や財務状況、これからの成長予想などを考えて、企業価値を見極めたり、企業戦略としての営業、投資、財務活動などを考えていかなければいけません。経営陣の重要参謀として、中小企業を確実に見定め、評価できる人材は、企業にとってはぜひとも欲しい人材なのです。

 

 あまり目立ちませんが、会計や経理の事が分かる中小企業診断士の価値や需要は高まり、とくに財務、M&A業務に慣れている人材は、好条件の求人が多くなっています。

 

  • M&Aが増えた昨今において、中小企業の正しい評価ができ、財務(とくにM&A業務 )の経験が豊富な中小企業診断士は、企業からの需要が高い。

 

中小企業診断士の転職事情と将来性

 中小企業診断士として専門知識を身につけて、自分で会社を立ち上げる人もいますが、最近は事務所同士の競争が激しいので、企業内で診断士の資格を活かしてキャリアを築く人が殆どです。中小企業診断士は3割弱ほどの独立者を除けば、殆どが企業内診断士です。

 

 あとは、他の資格、税理士やファイナンシャルプランナー、社会保険労務士や公認会計士と組み合わせて、ダブル・トリプル資格の一環として取得し、独立を模索する人が多いです。実際、すでに実務経験もあり、様々な事例に対処した事がある人を除いて、なかなか資格だけで独立するのは難しい資格ともいえるでしょう。

 

 しかしながら、転職市場では中小企業診断士の需要は確実にありますし、企業の財務や経理、経営戦略などのポジションで、その知識や能力を発揮することができれば、高い評価を得られることでしょう。

 

 転職市場でも、M&Aや海外展開などを考えている企業が、その能力や経験を買ってスカウトすることも起こりえます。中小企業診断士は、これからの将来、より使える資格になることは間違いなさそうです。計画的に資格を取得しつつ、実務経験もしっかりつけておくことが、転職成功の秘訣といえるでしょう。

 

  • 企業内で働く中小企業診断士がほとんどだが、他の資格も合わせて取得し独立を模索する人もいる。実務経験があれば、M&Aや海外展開などを考えている企業からは重宝される資格と言える。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する