EA(米国税理士)保有者の経理の求人

職業:経理

1053views

imasia_1864848_M

 

意外と使えるアメリカの税理士資格(EA)

 USCPA(米国公認会計士)と比べると、あまり認知度が高くないのが、このEA(エンロールド・エージェント)の仕事、つまり「米国税理士の資格」です。アメリカでは、日本のように会社が年末調整など、個人の申告業務を代行してくれることはほぼありません。殆どの人が、それぞれの年度の申告書を自分で作成して申告します。

 

 もちろん個人で専門ソフトを使って書類作成をする人も多いのですが、アメリカは日本に比べて色々な控除や特別ルールがあるので、専門知識をもったプロフェッショナルに申告書を頼むと、それだけリファウンド(所得税の過払い分払い戻し金)が増えるということで、税務、会計のプロに頼むこともかなりあります。

 

 アメリカではこのEAが幅広く活躍しています。そしてこの資格、日本でも結構使える資格ですEAは、アメリカ内国歳入庁(IRS)が施行する国家試験ですし、この資格を取得して、国際的に企業、そして個人の税務申告書の作成、税務相談、税務コンサルティングを行うことが可能になります。

 

 日本企業の世界への進出は目覚ましいものがあり、国際会計基準や税務の基礎となるアメリカの税務に通じているのは、大きなアドバンテージになります。国際間での取引、そして国際間税務問題も頻発しています。それを調整、または税務の専門家としての橋渡しやアドバイザー業務を行う場合に、このEAの存在はクローズアップされつつあります。

 

  • グローバル化した昨今において、日本においてのEA資格保有者の需要も高まりつつある。税務の専門家として国際税務やコンサルティングを行える資格は重宝される傾向にある。

 

EA資格があれば活躍の場は今後どんどん広がる

 このアメリカの税理士資格は、現在では日本でも受験することができます。また、USCPA資格が全米の各州別の資格であるのに対して、連邦政府から交付されるEAは州に制約されることがなく広く活躍できるのが特徴です。また、アメリカではUSCPAは監査業務がメインで、EAは税務がメインと、棲み分けができています。

 

 これからのグローバル化を考えて、日本の税理士資格だけではなくこの海外資格であるEAを目指せば、海外展開を考えている企業のコンサルティング業務、またはアメリカの現地法人や駐在員の税務申告のアドバイスなど、特に日本企業をクライアントとしての活躍の場はどんどん広がっています。

 

 海外の求人サイトなどをみると、USCPA以上にこのEA業務の経験者を求める求人広告が目立ちます。日本でも、EAをメインにして募集をかけることはあまり多くはありませんが、国際間税務にかかわる仕事なら、この資格をもっていればかなり強くアピールできます。

 

  • アメリカへ進出していく企業やその従業員向けに、EA資格は活かせる。今後ますますこの資格の価値が高まっていくと予想される。

 

日本語が話せるEAの必要性と将来性について

 海外で通用する会計・経理の資格として、USCPA(米国公認会計士)がクローズアップされている反面、このEA(米国税理士)試験の認知度はいまいちですが、USCPAの資格や知識が本当に必要なポジションというのは大手グローバル企業や監査法人など、非常に限られているものです。そのため、せっかくUSCPAの資格を持っていても宝の持ち腐れ状態になっている人を多くみかけます。

 

 そんな時には、このEA資格のほうが、現場のニーズに合っていると言えます。個人や中小企業相手に様々な日米間にかかる税務アドバイス、申告書作成の補助ができますので、使い勝手が良いのです。

 

 その上、まだ日本語の話せるEAというのは多くはありませんから、これからも日本企業、日本に展開する外資系企業、個人をクライアントとして、広く活躍できます。海外(とくに英語圏)で活躍する企業、個人などへのサービス提供は、重宝されることでしょう。能力を活かして個人で仕事を請け負うこともできます。これからもっと注目、そして転職の際にも評価されてしかるべき資格ですし、すでに多くの企業でこの分野の知識が必要とされているのです。

 

 これからグローバルに活躍したい人、税務のプロフェッショナルとして活躍できるEA資格。日米の税務の違いに注視しながら、適切なコンサルティング業務ができる人材として、転職、そしてキャリアアップに活かせます。求人募集では、特にEA資格保持者を求めている企業、例えば税理士事務所、外資系企業などで需要があるでしょう。これから将来の需要の伸びた期待される職種です。

 

  • 日本語の話せるEAホルダーはまだまだ少ない。日米間での税務関係が発生する企業・個人からの需要は今後ますます増えてくるので、日本人EAはホットな資格と言える。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する