USCPA(米国公認会計士)保有者の経理の求人

職業:経理

326views

imasia_1864849_M_R

 

グローバル企業や世界的監査法人で活躍できる

 日本の公認会計士と同様、世界的なステイタス、または会計や監査、コンサルティング業務の専門家として活躍できるのが、USCPAこと米国公認会計士資格です。これは、世界的に進んでいる国際会計基準の統一にも伴って、どんどん重要性が増している資格でもあります。

 

 いままでは各国ごとに異なる会計基準を用いてそれぞれ決算業務をしていたのですが、国際間の投資や資金流入、またはM&Aが盛んになるにつれて、また決算業務でも海外支店や現地法人の増加で単体、連結決算を考えるときに、会計基準の違いが弊害になることが多かったのです。そのため、国際会計基準(IFRS)が導入されるようになりました。

 

 国際会計基準(IFRS)と、アメリカの会計基準である(USGAAP) は、2008年に重要項目の差異が解消しました。その為に国際的にもUSCPAの価値がアップしています。将来性を考えたら、USCPA資格は大いに転職のチャンスが広がる資格でしょう。一時日本にもUSCPAブームが起こりました。日本では、現地で活躍するための州の営業許可であるUSCPAライセンス取得までせず、資格取得(サーティフィケート)のみの取得にとどまる人も多いです。それでも十分に実力を証明できます。

 

 最近では日本での受験も可能になりました。グローバルに活躍したい、これから外資系企業や、海外就業にチャレンジしたい人にはとても勧められる資格です。

 

  • 国際的な会計基準の統一もあり、USCPA(米国公認会計士)の価値が国際的に上がった。そのため、グローバルで活躍したい方には選択肢を大きく広げることのできる資格と言える。

 

米国公認会計士試験と転職・就職状況

 米国公認会計士(USCPA)を持っていれば、日本の外資系企業や、国際監査法人などの転職のパスポートになります。語学系の資格だけでは身に付かない、会計、監査などの専門英語の知識も身に付き、経理のキャリアを築く上で重要なスキルアップとなります。

 

 資格取得だけではなく、ライセンス取得までできれば、海外でも独立して活躍することができますので、自分の可能性を広げ、日本だけではなく、海外就業、現地採用も勝ち取ることができるかもしれません。ただし、この資格を持っていても、実務で使う英語がネイティブレベルではないとなかなか海外企業での就職は難しいのが現状です。

 

 USCPAホルダーは一般的に、日本にある外資系企業、会計事務所、監査法人、それから海外にある日本企業や日本企業向けのサービスのある会計事務所や税務、コンサルティング業務を行っている会社への就職、転職などが多いです。

 

  • USCPAホルダーとして活躍するには英語がネイティブレベルであることが必要だが、様々な外資系企業や海外で活躍することが可能に。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
ページ上部へ移動する