看護師のフライトナースへの転職

職業:看護師

90views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

 imasia_693479_M

 

フライトナースになるためには

 ドクターヘリにはフライトドクター及びナースが搭乗し、救急を要する現場に向かいます。基本的にドクターヘリ一台につき医師と看護師が一人ずつなので、フライトナースには高い技術力と豊富な知識が求められます。

 

 そのため、フライトナースになるには長年の臨床経験がなければなれないと言っても過言ではありません。病院によって選定方法や基準は違いますが、一定の期間として臨床経験5年以上と定めているところが多いようで、その中でも救急経験が3年以上(もしくは救急でリーダー業務ができるなど)としている所が多いです。

 

フライトナースの仕事内容

 フライトナースといっても毎日ドクターヘリに乗るわけではありません。普段は救急で重症患者さんの処置を行っています。フライトナースの仕事内容としては上記にも挙げたように救急車では向かえない場所、患者さんの状態が一刻を争う事態の場合などにドクターヘリで現場に向かいます。

 

 医師の補助及び治療が主な仕事内容となりますが、ただ医師から言われたことをやるということではありません。患者さんが複数いる場合などは、看護師自身が判断し医師に報告しなければならないこともあるので経験と適切な判断力が求められます。付き添いの家族がいる場合は家族の人から情報収集や、家族の精神的負担のケアを行うことも必要です。

 

 また、ドクターヘリが患者さんを乗せてそのまま自分の勤務先の病院に戻るとは限らないので、勤務先以外の病院に向かう場合は、病院での患者さんの状態などの申し送りも重要な役割となります。

 

 様々な症状及び重症患者さんに対応しなければならないフライトナースは、常に緊張感を持った仕事だと言えます。物事を瞬時に判断し先を見据えた行動が必要となるため、仕事をテキパキ熟せる人でないと難しい仕事と言えるでしょう。

 

  • フライトナースは常にドクターヘリに乗る仕事だけではない。救急の看護師のため常に緊張感のある事態で仕事をすることが多い。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/03の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する