人事で求められる人材像・採用基準

職業:人事

286views

imasia_6566444_M_R

 

若手採用はポテンシャル

 経験やスキルなど即戦力が求められる転職市場であっても、比較的若い年代の採用に関しては、「未経験可」という求人も多くあります。この場合の採用基準になるのは、その人物の「ポテンシャル」です。

 

 人事の採用は、他職種と比較して面接重視の傾向が高いですが、このポテンシャルを基準とした採用の場合は、より一段と面接が重要になってきます。ポテンシャルの評価は具体的な基準が明確に定めにくいため、面接官の感性に委ねられる部分も大きくなります。だからと言って、当然ですが全く評価基準を持っていない訳ではありません。求められる資質として筆頭に挙げられるのがコミュニケーション力です。

 

 次に必要なのは志望動機や熱意です。何となく人事職に興味を持って応募した人物と、真剣にチャレンジする人とではここで差が生まれます。経験やスキルはなくても、人事についての勉強や習得しようとしている知識や資格、またその企業を熱心に研究してきたかどうかは、面接ですぐに見通せるものです。

 

 応募条件が「未経験可」であっても、応募者の中には経験者が圧倒的に多いです。その経験者に勝たなければ採用されないことを忘れてはいけません。

 

  • ポテンシャルを基準とした採用の場合は、より一段と面接が重要。

 

基本は職能のマッチング

 特にバブル経済以降、組織の再編や中途採用の経常化、評価基準の見直しなど、人事システムで大きな変化のある企業が増えています。

 

 今後ますます企業の組織作りにおいて多様化が進むことが予測されますので、その中で人事の役割も多岐に渡ってきます。個々の企業の目指す方向性は異なり、求める人材も違ってきます。それぞれの企業が何を求めているのかが大切なポイントです。

 

 企業の課題やビジョンと、求職者の職能のマッチングが転職の基本です。求人企業は、各業務における秀でた知識や経験を持っているスペシャリストを探しており、求職者一人一人を比較してベストマッチングな人材を見極めているのです。

 

 求職者は企業に応募する際に、採用条件などからどんなスキルや知識が求められているのか、この企業の課題は何かなどを読み解き、それにマッチする内容で自分の経歴をしっかりアピールできるように準備しておくことです。

 

  • 企業が何を求めているのかを読み解き、それにマッチする内容で自分の経歴をしっかりアピールできるように準備しておきたい。

 

共通項は社会順応力の高さ

 ほとんどすべての仕事が人と人との関わりで成り立っていますが、特に人事の仕事は、社員の評価や給料、職場環境と言った大変シビアな面を扱う仕事です。時には人のプライベートに踏み込んだ話であったり、経営者と社員の双方が納得出来る答えを探していかなければなりません。

 

 人の気持ちと常に向き合いますが、自分の知識や経験、またスキルをフル稼働させてもコントロールできるものではありません。そういった様々な人や課題の間に入って、解決策を探していくのは、優れた順応性が必要となります。バランス感覚を持って、双方の最大公約数の解を求めていく仕事なのです。それには常に視野を広く、冷静な対応力が求められます。

 

  • 優れた順応性が必要となり、常に視野を広く冷静な対応力が求められる。

 

本記事は2016/03/11の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する