人事と他職種との関係

職業:人事

88views

imasia_668116_M_R

 

他職種の経験

 人事の性質上、多くの職種のスタッフと接点を持ちます。社内のすべての人材と関わりがあります。そのため、営業や製造や企画など、それぞれの職種のことを経験しなければいけないのか、という疑問が常にあります。答えは、イエスでもあり、ノーでもあります。

 

 実際に、他職種を全く経験せずに活躍する優秀な人事スタッフは多く存在します。かといって、彼らは他職種を全く経験していないかといえばそうではありません。専門職として他職種を経験していなくとも、人事という仕事を通じて、それぞれの部署を理解しようとする努力や、また人との交流を通じて疑似体験をしています。

 

 そのために、いつもあらゆる業界や仕事に関してアンテナをはり、積極的に異業種の交流を求めて見聞を広めることのできる人物が、人事の適任と言えます。

 

  • 積極的に他職種との交流を求め見聞を広めることのできる人物が、人事の適任と言える。

 

他職種から人事への転職

 他職種で活躍した人材がキャリア形成の中で、人事職に就くというケースがあります。ただし、それは同じ企業内での異動という場合が一般的です。前職で人事経験がない場合、転職で人事を目指すことは決して容易ではありません。

 

 しかし、全くそういうケースがないわけでもなく、人事未経験を積極的に採用する企業もあります。その場合、人材に求められるのは熱意ややる気です。それまでの職種の中で、なぜ人事をしたいと思ったかという動機や、なぜこの企業に入社したいのかという理由、そして経験が少ない分どんな努力をしているのか、この先何を目指しているのか等です。

 

 少なくとも簿記や社会保険労務士の資格の取得を目指しているなど、姿勢を見せることが大切です。そういった熱意を書面や面接でアピールすることが唯一と言ってもいい正攻法です。

 

  • 未経験で人事を目指すことは決して容易ではないが、熱意ややる気があれば未経験でも積極的に採用する企業もある。

 

人事と他職種との違い

 転職市場における、人事と他職種の違いは、異業種への転職のしやすさというのがあります。ただし、業界での人事課題が共通の場合という条件がつきます。

 

 流通業界と、メーカー、IT業界では、それぞれ人事課題は異なります。例えば流通業界では、人手不足や離職率の高さがあります。メーカーの場合は生産拠点が海外になるケースも増え、海外での人事対応が重要で、IT業界では熾烈な人材獲得競争が繰り広げられています。

 

 しかし以外と、業界が異なっても、企業が抱える人事の課題は共通項が多いと言えます。人材不足、長時間労働、社員の教育、モチベーションアップ、評価制度の再構築など。業界が異なっても、その企業が抱える人事課題が共通で、前職の課題や経験と通じるものがあれば、転職の道は開けてくる可能性が高くなります。

 

  • 転職市場における人事と他職種の違いは、異業種への転職のしやすさ。

 

本記事は2016/03/11の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する