エステティシャンの年収相場

職業:エステティシャン

442views

imasia_15428078_M_R

 

エステティシャンの年収は低め

 エステティシャンの年収はそれほど高くありません。ボーナスは無いところがほとんどで、月収制です。基本給は各種保険などが引かれる前の額で15~18万円くらいが平均的なので、単純計算で年収は180~230万円ということになります。中小企業になると各種保険が完備されておらず、住民税などは各自で支払わなければいけない場合もあります。

 

 拘束時間は一般企業と同じかそれより長く、体力仕事で、営業時間の前後に自主的なトレーニングも必須という労働条件の上でのこの年収は、他の企業を知っている転職者からすると低いと感じてしまっても仕方ありません。残業代は出ないところが多いです。売り上げに対して報奨金が出るシステムがありますが、よほどの技術がない限り達成は難しく、時々1万円~3万円程度もらえることがある、といった感覚です。

 

  • 年収相場は200万円前後で、仕事内容や拘束時間を考えると高くはない。

 

ベースの給与が高いのは大手

 大手エステサロンで勤務の場合は基本給が高いことはもちろん、勤務する地域によって手当が付いたり、資格制度によって数万円の手当てが付くことがあります。これは年に数回行われる技術テストに挑戦し、合格すればその技術を実際にお客様に施すことが出来るというものですが、その技術自体が高価なものであることが多いため販売にもつながり一石二鳥です。

 

 エステティシャンは施術と並行して常にお客様に次のご提案(新しいコースを買っていただく)をしなければならないので、お勧めできる技術に幅があるということはとても有利になります。

 

 また、大手サロンであれば一店舗あたりのスタッフ数も多めで10人を切ることはあまりないので、グループワークができるようになりますし、少人数体制で営業する中小サロンと比べると、店の販売目標も達成しやすいです。ノルマは個人だけでなく店ごとにありますから、自分の目標が達成できなくても店舗の達成報奨金をもらえるというのは嬉しいことです。

 

  • 大手サロンは基本給が高めで、地域や資格による手当が付くこともある。スタッフ数が多いため店の売上目標も達成しやすい。

 

一攫千金を狙えるのは中小サロン

 結果さえ出せばまとめて大きな額を手にすることができるのは、大手よりも中小サロンです。大手ほど経理が厳重にされていないということもあり、社長の一任で臨時ボーナスを支給するところもあります。半期~1年を振り返って、特に会社に貢献した社員にご褒美として数十万~100万円近くを支給する場合もあります。

 

 基本的にボーナスはないとされるエステ業界ですが、このように会社の経営状況によって臨時給付金のようなものが出るところが多いです。大手でもそのチャンスはありますが、会社の規模が大きい分難易度も高いですし、中小サロンほどまとまった額を個人が手に入れるチャンスは少ないです。

 

  • 中小規模のサロンでは、個人の売上成績や会社の経営状況によって臨時ボーナスが支給されることもある。

 

本記事は2016/03/09の情報で、内容はエステティシャンとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する