労働金庫

労働金庫の事業規模は年々拡大 労働金庫は、サービスの内容自体は銀行と変わりませんが、「はたらく人=勤労者」が主体となって運営に参画できる、営利目的ではない金融機関です。全国に13拠点...[続きを読む]

債権回収会社(サービサー)

転職前におさえておきたい債権回収会社の業界動向 債権回収は本来は弁護士のみが行うことが出来るものでした。しかし、バブル崩壊後の不景気の影響で大量の不良債権が発生し、弁護士だけでは回収...[続きを読む]

地方銀行

地方銀行で進む「統合」「再編」 地方銀行は、転職ステーション内にも横浜銀行・北洋銀行・静岡銀行など100行以上の掲載がありますが、日本全国や世界規模で事業展開するメガバンクと異なり、事業エリアとし...[続きを読む]

ネット銀行

ネット銀行の市場は拡大中 ネット銀行とは、実店舗を持たずインターネット上での取引を主とする銀行です。金融庁の分類では、一般的な銀行とは別の業態として取り扱われています。...[続きを読む]

信用組合

※ディスクロージャーから収集のできる「売上高」「当期純利益」「社員数」のみ掲載(連結決算の信用金庫も単体決算の数字を掲載)。信用組合を含む中小の金融機関は不安要素も ...[続きを読む]

クレジットカード・信販会社

クレジットカードの市場規模は拡大傾向 クレジットカードの市場規模は、ここ数年で順調に拡大しています。一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、クレジットカードショッピング信用供与...[続きを読む]

リース会社

リース業界の市場規模は横ばいが続く リース業とは、顧客が求めるサービスをリース会社が代わりに購入し、顧客に賃貸提供するサービスです。レンタルと違って三者間の取引となり、契約期間が長期...[続きを読む]

オートリース会社

オートリースの市場は徐々に拡大 転職ステーションに登録されているオートリース会社はすべてが非上場のため、売上データなどは公開されていませんが、いわゆる大手のオートリース会社としては「...[続きを読む]

消費者金融

消費者金融の市場規模は縮小 平成30年(2018年)3月末の消費者向貸付残高は6兆4,882億円でした。貸付残高は消費者金融業界の市場規模の目安の一つですが、2009年以降減少を続け...[続きを読む]

証券会社

証券会社の市場規模は鈍化 日本証券業協会の調査によると、同協会に加入している証券会社の2018年の営業利益は4兆1,306億円、前年比4%増でした。2008年のリーマンショックの影響...[続きを読む]

ネット証券会社

ネット証券業界は好調、SBIがシェア独占 ネット証券の市場はここ数年活況化しています。店舗を構え対面営業を主体とする証券会社の市場が鈍化傾向であるのに対して、主要なネット証券会社の売...[続きを読む]

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルの投資額は増加傾向 ベンチャーキャピタルとは、高い成長が見込める未上場のベンチャー企業などに投資を行い、上場後に株式あるいは事業を売却して収益を得ることをビジネス...[続きを読む]

信用金庫

※信用金庫267社を掲載。ディスクロージャーから収集のできる「売上高」「当期純利益」「社員数」のみ掲載(連結決算の信用金庫も単体決算の数字を掲載)。信用金庫の現況は東京...[続きを読む]

ページ上部へ移動する