株式会社東京個別指導学院187view

クチコミ数
14件
平均年齢
35.4歳
平均年収
540万9000円(※2016年2月決算より)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※単体決算データ。

東京個別指導学院の過去7年間のデータ

東京個別指導学院の過去7年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

教育、学習塾・予備校業界との比較

東京個別指導学院と教育、学習塾・予備校業界の過去7年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

東京個別指導学院の勤務経験者による口コミ

  1. khaliq

    2017/10/12

    女性

    勤務時期:5~10年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:講師職、事務

    社員が各教室に1人しかいないため、アルバイトでも責任ある仕事を任せてもらえる。アルバイトが主体となって教室運営をおこなっていた。給与は決して高い方ではないが、昇給が少しずつだがあった。年に1回あったリーダー対象の宿泊型の研修がすごく豪華なものだった。春期夏期冬期講習の時期などは、まとまって授業ができるのでアルバイトでも月15万円くらい稼ぐことができた。また一度採用されるとクビになることは滅多にない。

    生徒を授業しているコマ数でしか給与がでないが、実際にはそれ以上の作業や残業が任せられる。電話対応や生徒の報告書・カリキュラムの作成、掃除、他のアルバイト講師の作成物の確認等。仕事量が多く、サービス残業で終電まで仕事をすることが多かった。有給休暇なども私が働いていたときはなかった。またアルバイト講師の採用は、社員の数が足りないため、アルバイトが面接をおこなっていた。仕事柄ではあるが曜日は固定されて休みにくい。

  2. takeyosi-tadami

    2016/09/12

    女性

    勤務時期:3~5年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:塾講師

    アルバイトで時給は950円~でしたので、給与の待遇はよかったです。毎年4月に教室長と面談後、50円~300円の幅で昇給もありました。

    塾講師という仕事で、中学生や高校生の個別授業を受け持ち、自分の得意科目の担当となることができるので、大学で専攻した知識など活かせるので、すごくやりがいはありますし、教える立場のはずですが、自分のためにも勉強になることが多いです。授業以外にも教務研修や保護者面談なども担当させてもらえるので社会人としてのマナーにも磨きがかかります。

    悪い点はあまりありませんでしたが、しいて言えば大学を卒業したら退職せざるをえない環境であることでした。もちろんこの企業に就職することはできますが、就職すると経営側の人間として、教室長から始まり基幹部での仕事がメインとなるため、講師という教育の最前線での仕事はできないと断言できます。なので、講師という仕事の身分がアルバイトのみであることは、この企業の良いところではないように思います。アルバイトですが、有給の制度がないことも悪い点と言えるかもしれません。

  3. inuduka-3

    2016/08/18

    女性

    勤務時期:現在

    年収:200万円以下

    雇用形態:契約社員

    業務内容:小学生・中学生・高校生対象の塾講師

    現在、この仕事をしていますが、自分の得意科目だけを生徒さんに教えることが出来るため、苦手な科目を無理して教えなくて済むところが良いところです。基本的に教えることが主要な業務であるため、ハードに動くこともなく仕事の大半は座って作業が出来、疲れがたまりにくいです。挨拶や言葉遣いを丁寧にすることを理念としている会社なため、働いている人たちが明るく人間関係も良好です。他にも、生徒さんたちや親御さんから「ありがとう。教えてもらえて分かるようになった。」というような感謝の言葉をよく耳にすることが出来るため、やりがいを感じやすい仕事です。

    本採用前の使用期間3か月間の間に行う研修の量が多すぎることです。研修項目量が細かいものを含めると20個以上あり、研修内容を学ぶために自分の勤めている塾教室でない別の塾教室に行かなければならないことがありました。遠い研修会場で遅い時間に開催されるという場合もありました。他に悪い点としては、細かい事務作業が多く、パソコンを使用している時間が長いため、肩こりや腰の痛みなどの身体に関係した不調が起きやすいということです。

  4. aoiyama_8233

    2016/04/30

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    業務内容:小学生~高校生に対する学習指導を行い、学校補習から中学、高校、大学受験までフォローします

    子どもに対して勉強の仕方を教えて、成績や進学につながる瞬間はとてもやりがいを感じると思います。塾講師として採用されたので、常に現場での働きが評価されますが、それ以外での保護者との関わり合いや本部の社員との連携などコミュニケーション能力も評価対象にもなっており、一概に子どもの成績を伸ばすという側面だけが考課対象ではありません。特に学生アルバイトがほとんどなので社会に出る前のルールやマナーが身につく場面が多いのは学生からするとメリットであると思います。

    給与形態は指導コマ単位での支払いとなるため、事前準備や授業後の質疑応答などは全て給与が発生しません。また担当制なので、指名がなければ授業をすることができなかったり、生徒自身の予定計画に沿った指導が必要なので、休暇を自分の好きなタイミングで取得することが難しいと感じていました。学校が長期休みに入る夏休みや冬休みでは、全てのコマでの出勤となると拘束時間は12時間以上になることもありがとうござい、比較的体力が必要な仕事であるとも言えます。

  5. afflict

    2016/02/20

    女性

    勤務時期:10年以上前に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    採用の基準だったと思いますが、同期やお世話になった先輩方、上司の皆さんが、

    人に興味を持ち、人に対して熱く、教育に対して情熱を持っている温かい方々ばかりでした。

    研修においても、相手の本当に話したいことを聞き出せるようにロールプレイングを繰り返したり

    仲間の失敗も仲間全員でフォローするような雰囲気を持つ会社でした。

    東証一部上場の教育サービスの会社ということで、教育と利益との板ばさみで悩んだこともありましたが

    その悩みも打ち明けられるような雰囲気や親身になって話を聞いて下さる本部の方々に励まされました。

    温かい人たちが勤めている会社であるだけではありません。とても厳しい営業の世界です。

    たとえば上司はまさに営業のプロでしたが、忙しい中でも営業の心構えを沢山教えて下さいました。

    本気の営業を間近で見ていて感動しました。その緊張感を味わえたのはとてもいい経験でした。

    そのお手伝いができたときの達成感は忘れられません。

    塾業界であるために、まず出勤時間が普通の企業とは違います。

    お昼すぎに出社、退社は大体終電前後です。終電がなくなってしまうと、あきらめてそのまま仕事を進めていました。

    ですので、キッチリとした就業時間と言うものはなかったように思います。

    仕事の量、仕事の内容はすべて自分ですすめるので

    働くということにおいて、よほどしっかりした考えを持った人でないと、上手く時間が使えないとおもいます。

    新卒ですぐにそれができる人はなかなかいないのではないでしょうか。

    数か月の研修の後は否応なくそういった環境に置かれるので、

    教育、人とのコミュニケーション、スケジューリングにおいてとてもレベルの高いことが要求されます。

    残業などは当たり前で、生徒や講師のことを考えれば残業で辛いとかはあまり感じませんでしたが

    今から思えばプライベートの時間もあまりなく、生活のすべてが仕事になっていたように思います。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する