株式会社リソー教育(TOMAS)17view

クチコミ数
6件
平均年齢
42.4歳
平均年収
631万1000円(※2016年2月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。
(参考)2016年2月決算時の単体の社員数:215人

リソー教育(TOMAS)の過去7年間のデータ

リソー教育(TOMAS)の過去7年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

教育、学習塾・予備校業界との比較

リソー教育(TOMAS)と教育、学習塾・予備校業界の過去7年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

リソー教育(TOMAS)の勤務経験者による口コミ

  1. willmott

    2017/01/18

    女性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:契約社員

    勤務時(退職時)の年齢:21~25歳

    業務内容:「TOMAS」勤務講師業務

    入社試験が2段階あり、1次試験の学科と面接に合格すると池袋にて研修に近い2次試験を受けることができます。
    その際交通費をもらえるため就活中の出費が痛い時にはとても助かりました。
    採用されてからは研修も丁寧にやってもらえるし、業務に関することはすべてマニュアルにまとまっているためわかりやすいです。
    カリキュラムや教材は講師が自由に決めることができます。
    一番の魅力は、授業にだけ集中させてもらえるところです。親とのコミュニケーションや代行の連絡などはすべて正社員が行ってくれます。

    何重にもチェック体制があるにもかかわらず授業開始のチャイムが鳴った時に講師が決まっていない生徒が発覚し、空きコマで待機している講師がピンチヒッターを頼まれるという状況が多々あります。
    また講師の人数が足りていないのか、大学1年の新人アルバイト講師に大学3年の生徒を付けるなどの無理な業務をさせていることもあり、講師にも生徒にもケアが行き届いていないように感じました。
    教室の在籍人数に対して正社員が3~4名と少ないためそのようなミスが発生しているように思います。

  2. Toyoyama

    2016/04/07

    男性

    勤務時期:5~10年以内に退社

    年収:1000万円~1500万円

    雇用形態:正社員(中途入社)

    業務内容:生徒募集の営業業務

    給与は非常に良かったです。獲得した生徒の月謝額の8割が歩合として入ってくる仕組みで20代だった私にとっては信じられない報酬をもらえました。その他にも様々なキャンペーンがあって賞金、商品がたくさんもらえます。人事制度も結果を出せばすぐに昇格できる仕組みで明確でした。教室の運営スタッフは休暇はなかなか取れない状況でしたが営業は割と自由に取れました。福利厚生もしっかりしていたように思えます。企業文化も体育会系で私にとってはすごく合っていたように思えます。

    営業の現場では結果を出さなければ居場所が無い状況でした。朝礼では結果の出なかった社員は滅茶苦茶に怒られます。完全なる成果主義で結果の出ない社員はほとんど給与もありませんし、休みを取ることもできない状況でした。会長を神様の様に扱うので少し宗教っぽい感じがあり、そこは苦手でした。会長の言うことや上司の言うことは絶対だ的な文化があり部下は奴隷の様に扱われることがありその文化に共感できなくなり退職しました。昇進の話などはありましたが上司のグループに入りたくなかったので断りました。

  3. Yokoze

    2016/02/16

    女性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:200万円以下

    雇用形態:パート・アルバイト

    子供と関わることが好きで、教育に興味があり、個別指導塾としては給与が高額だったので、この塾でアルバイトをしていました。
    完全個別指導制度を取っているため、1対1で生徒と接することが出来るのが魅力的です。生徒指導ファイルがあり、親御さんにお伝えする報告書以外にも、先生同士が情報共有出来るような用紙も用意されていたので、直接会えなくても宿題量の調節がしやすい環境整備をして頂けました。指定教材はないのですが、社員の方たちと相談しながら、アドバイスを頂きながら選ぶことが可能なため、未経験者でも授業がかなりしやいと感じました。
    シフトはこちらの状態をとても良く理解して頂けるので、無理なく組むことが出来ます。

    生徒をよく怒るのを注意しない制度があり、むしろ、もっと怒りましょうという考えがあったので、その点は理解に苦しみました。生徒が傷つくような発言をしても、注意されないので、泣いている生徒を何人も見てきました。生徒によっては怒ることが良い子もいるかもしれませんが、泣かすのはどうなのだろうか、といつも感じていました。
    講習授業のシフト決めを社員の方たちではなく、先生方が決めていたので、任せてはいけない仕事もあるのではないかと感じていました。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する