株式会社岡村製作所1279view

クチコミ数
2件
平均年齢
41.7歳
平均年収
696万7000円(※2017年3月決算)
ホームページ
公式ホームページはこちら

※「年齢」「年収」「勤続年数」は単体データの平均。「売上」「利益」「社員数」は連結データ。
(参考)2017年3月決算時の単体の社員数:3,216人

岡村製作所の過去8年間のデータ

岡村製作所の過去8年間の「売上高」「当期純利益」「社員数」「平均勤続年数」の推移をグラフにしました。

売上高

当期純利益

社員数

平均勤続年数

家具・インテリア・雑貨業界業界との比較

岡村製作所と家具・インテリア・雑貨業界業界の過去8年間の当期純利益との推移を比較しました。

当期純利益の比較

平均年収の比較

岡村製作所の勤務経験者による口コミ

  1. mitika-takamatu

    2016/09/09

    男性

    勤務時期:3年以内に退社

    年収:300万円~400万円

    雇用形態:正社員(新卒入社)

    勤務時(退職時)の年齢:26~30歳

    業務内容:海外営業本部にて代理店との連絡、受発注、販促資料作成などの業務を担当

    営業でないスタッフ部門であれば残業はそれほど多くない。基本的には土日祝日に加えて夏期・年末年始休暇がある。福利厚生も充実しており、若い独身者であれば寮に入ることも可能、休職なども内容によっては長期で可能。企業文化として、技術側(工場)が強いのでそちら側の人ならやりやすいかもしれません。

    また、給与については、売上という形で結果を出せば、賞与や人事的に結果が反映されるのもよいところだと思われる。

    それから、どこそこの社長の息子・娘・・・というような人が結構います。

    一人の担当がいくつかの国やエリアを担当するが、エリアごとに貿易ルールなどが異なりチームで相談して業務をすることが少ない。あくまで個人ベースで業務をするため、担当が異動になれば別の担当に引継ぎをされるが、ノウハウが上手く蓄積できておらず無駄な作業が多くなってしまう。また、会長権限が非常に強く、鶴の一声で左右されてしまうことが多々ある。また、大企業の為、社内の無駄なお伺いが多かったり、動きが遅い側面があったりする。

    給与は悪くはないが、他メーカーと比べれば少ない。主にオフィス営業部、商環境営業部、物流・機械営業部、海外営業部に分けられ、業績ごとにボーナスが決まるため、当然、主力事業のオフィス部門がボーナスも多くなり、他部門は少なくなる。また、残業は支店ごとに上限が決められ、それ以上はつけることができない。この上限も支店ごとの業績に左右されてしまう。

口コミを投稿するためにはログインまたは会員登録をお願いします。
ページ上部へ移動する